FTX、米金融アプリ「Dave」へ約120億円出資

FTXが米金融アプリ「Dave」へ約120億円出資

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所などを運営するFTXが、金融関連アプリ提供の米デイブ(Dave)へ1億ドル(約120.4億円)の出資をしたことが3月21日分かった。

この出資は、FTXの投資部門であるFTXベンチャーズ(FTX Ventures)による20億ドル(約2,300億円)規模のWeb3ファンドによるものだ。無担保転換社債の発行による出資となる。

また発表によるとこの出資の一環として、デイブはFTX USと戦略的パートナシップを締結し、デイブのプラットフォームにデジタル資産による決済方法導入の検討を行うとのことだ。

デイブは今年1月、特別目的買収会社(SPAC)であるVPCインパクトアクイジションホールディングスIII(VPC Impact Acquisition Holdings III)と企業結合し、米ナスダック(Nasdaq)のグローバルマーケットにSPAC上場した。

米国の銀行ではクレジットカードの請求時に口座残高がない場合など、銀行が立て替えて支払いを行うオーバードラフト(当座貸越)手数料が存在する。カード社会である米国においてクレジットカード会社への信用損失を回避するのには有効だが、その手数料は高額であることも知られている。米国の銀行ではその手数料が大きな収入源となるほどで、支払者の年間平均額は412ドルにも及ぶという。

デイブではオーバードラフト手数料無しの口座を提供する他、個人向けの財務管理サービスや最大250ドルの給料前払い機能を提供。現在では1,000万人以上のユーザーが利用しているアプリとなっている。

関連ニュース

大阪なおみ「FTX」のアンバサダーと株主に、報酬は暗号資産で

FTX、機関投資家向けサービス提供に向け「FTX Access」設立

「FTX US」がゲーム部門「FTX Gaming」設立、トークンやNFT発行支援

FTXが約460億円調達、評価額は約3.7兆円に

「FTX US」がソフトバンクらから約460億円調達、米国市場本格参入へ

FTX新部門「FTXベンチャーズ」、約2,300億円規模のWeb3ファンド組成

参考:Dave
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SasinParaksa・artacet

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/26話題】能登半島地震への暗号資産の寄付金が2000万円に、ビットフライヤーがエルフトークン付与実施など

能登半島地震への暗号資産による寄付金総額が2000万円相当に、日本ブロックチェーンPJ5団体が実施、ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で、Reddit、余剰現金でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に投資、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行のUSDY、アプトス(APT)に統合、ビットフライヤーにアバランチ(AVAX)、ザ・グラフ(GRT)、レンダートークン(RNDR)上場へ、香港、暗号資産カストディに関する暫定基準を公表、アルゼンチンがVASP規制準備進める、FATFグレーリストから除外目指し=報道、スポーツクラブ初、パリサンジェルマンFCがチリーズ(CHZ)のバリデーターに、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」がBNBチェーン上に展開、Polygon LabとStarkWare、新証明技術「Circle STARK」発表

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない