FTXがAZA Financeと提携、アフリカでWeb3拡大に向け

FTXがAZA Financeと提携

暗号資産(仮想通貨)取引所などを運営するFTXが、アフリカのフィンテック企業AZAファイナンス(AZA Finance)と提携したことが3月16日分かった。

AZAファイナンスはケニアのナイロビを拠点とし、FX、決済、金融サービスを提供している。またモバイルマネーを使ってデジタル通貨を取引した世界初の企業だという。さらにデジタル通貨とアフリカ通貨間で直接市場を構築した史上初の企業でもあるとのこと。

今回の提携によりFTXは、アフリカ全域でWeb3及び暗号資産の普及を拡大させる狙いがあるとのことだ。

アフリカにおけるWeb3の普及に向け両社は今後、「アフリカ市場をグローバルなWeb3経済圏に接続」、「Web3経済について学ぶ為の教育リソースやネットワーク構築」、「モバイルマネーや現地銀行と連携し、FTXでアフリカの通貨の入出金を簡単にする」、「アフリカの通貨とデジタル通貨の取引ペア開始」、「FTXのNFTマーケットプレイスにアフリカのNFTとアーティストを載せる」といった5つに取り組んでいくとのことだ。

AZAファイナンスはアフリカの金融市場について「デジタルネイティブのダイナミックな市場を持つアフリカは、Web3やメタバース経済の拡大に適しています。アフリカの人口は2050年までに倍増すると予測されており、人口増加の3分の2は都市部です。早ければ2030年には世界最大級の労働力を持つと予想されています」としている。

また「この地域は2018年に世界のモバイルマネー口座数の約半分を占め、2025年にかけてモバイルマネーが最も急速に成長すると言われています。これらの市場のGDPも増加しており、2022年のGDP予測はナイジェリアが4,450億ドル、南アフリカが3,500億ドル、エジプトが3,400億ドル、その他にも1千億ドル以上の市場がいくつか存在します」と発表にて説明されている。

FTXは今月に入り複数の新事業をリリースしている。

7日に欧州と中東への事業拡大に向け「FTX Europe」を設立し、キプロス金融市場規制当局であるCySEC(Cyprus Securities and Exchange Commission)から認可を取得したことを発表。9日には機関投資家向けサービス提供の為の新部門「FTX Access(FTX アクセス)」設立を発表。また10日に、米決済大手のストライプ(Stripe)と提携したことを発表。さらに同日、「FTX Europe」が音楽フェスのトゥモローランド(Tomorrowland)とパートナーシップ締結を発表している。

関連ニュース

FTX、STEPNの「Green Metaverse Token(GMT)」を先物で取扱開始

FTX、テラのDeFi「Anchor Protocol(ANC)」とCurveの「Convex Finance(CVX)」上場へ 

 FTX、世界最大級EDMフェス「トゥモローランド」と提携

米決済ストライプがFTXらと提携、暗号資産ビジネスツールキット発表 

 FTX、機関投資家向けサービス提供に向け「FTX Access」設立 

参考:AZAファイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SB

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【8/17話題】FRBが銀行向けに暗号資産のガイダンス、Jump Cryptoがソラナのバリデータクライアント開発など(音声ニュース)

米FRB、暗号資産業務を検討する銀行向けにガイダンス発表、Jump Crypto、ソラナ(SOL)のバリデータクライアント開発へ、【取材】暗号資産決済導入を簡単に、「Slash Web3 Payment」メインネットローンチ、住友商事、ブロックチェーン活用の金属資源貿易PFを商業利用へ、美ら海ゴミゼロプロジェクト、FiNANCiEでトークン発行、【レポート】IOSTと⼤学研究室がweb3サマースクール開催、ブロックチェーン技術の教育と⼈材育成に貢献、アスターネットワーク(ASTR)が日本で「Astar Week」開催。VC、暗号資産取引所、web3スタートアップら集う

Sponsored

ジャンプクリプトがソラナのバリデータークライアント開発へ

米シカゴ拠点のブロックチェーンインフラ開発組織であるジャンプクリプト(Jump Crypto)が、ソラナネットワーク(Solana Network)用の新しいオープンソースバリデータクライアントの開発開始を8月17日発表した。ソラナネットワークのスループット(データ処理能力)と信頼性を高める取り組みとのこと。

【8/16話題】LINEのリンクがMEXCで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券がCordaで発行など(音声ニュース)

LINEの暗号資産「リンク(LN)」、MEXC Globalで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券「ネクスペイ」、Cordaで発行、ポリゴン(MATIC)とボラ(BORA)が連携、クロスチェーン環境構築へ、イーサリアムL2開発StarkWare、新たにスケーリング技術「Recursive Proving」発表、ビットバンク、Flare Networksのエフエルアール(FLR)上場へ、クラーケングローバル、Kusamaパラチェーン「Basilisk(BSX)」上場、Liquid by FTX、キャッシュ(QASH)とステラルーメン(XLM)上場廃止へ、米コインベース、Celer Network(CELR)上場へ、ビットバンク、対ビットコイン(BTC)取引ペア全銘柄取扱終了へ、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業の予備ライセンス取得、クリプトドットコム、カナダで暗号資産事業者の事前承認取得

Sponsored