FTX、世界最大級EDMフェス「トゥモローランド」と提携

FTX、EDMフェスティバル「トゥモローランド」と提携

暗号資産(仮想通貨)取引所などを運営するFTXの欧州部門「FTX Europe」が、音楽フェスのトゥモローランド(Tomorrowland)とパートナーシップ締結したことが3月10日分かった。

トゥモローランドは、2005年からベルギーで開催される世界最大級のEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)フェスだ。

今回の提携により、3月19日から26日にフランスのアルプ・デュエズというゲレンデで開催される「Tomorrowland Winter Festival 2022」にて、「The Quest by FTX」と呼ばれるNFTクエストが行われるとのことだ。このクエストについては「山の中に隠された5つのロケーションを探し出し、イベントブレスレットをスキャンして参加する」と説明されている。

なおこのNFTはソラナ(Solana)ブロックチェーンを基盤に発行されるとのこと。

そして「The Quest by FTX」では、「A LETTER FROM THEUNIVERSE(ア・レター・フロム・ザユニバース)」というコレクションが6,500個用意されているとのこと。そのコレクションをミント(発行/鋳造)すると、18個のデジタルアートNFTからランダムに選択されたものがFTXウォレットに送られるとのことだ。

またこのデジタルアートNFTの保有者は将来、特典や報酬などを入手でき、FTXのマーケットプレイスで再販することも可能とのこと。

6,500個の「A LETTER FROM THEUNIVERSE」のうち、1,500個は「Tomorrowland Winter 2022」への参加、および「The Quest by FTX」のクエストを完了した最初の1,500名(各フェスティバルで1日250人)に1個エアドロップされるとのことだ。

そして1,500名の参加者は、3月23日から25日に秘密の場所で開催される限定コンサートに参加できるとのこと。さらに最初の750人(各フェスティバルで1日125人)は、「Tomorrowland Winter 2022」の「秘密のショーケース」に独占的にアクセスできるという。なお「Tomorrowland Winter 2022」のチケットは既に完売となっている。

また残りの5,000個は26日に「FTX US」にてパブリックセール(1次販売)されるとのこと。販売価格は3SOL(Solana:約3万円)となっている。

FTXは7日、欧州と中東地域へ事業拡大していくことを目的に「FTX Europe」を設立したことを発表したばかりだ。現在はスイスに持株会社を持ち、また中東キプロス共和国にも地域本部を設置しているとのこと。そしてキプロス金融市場規制当局であるCySEC(Cyprus Securities and Exchange Commission)から認可を取得したことも発表している。

関連ニュース

米決済ストライプがFTXらと提携、暗号資産ビジネスツールキット発表

FTX、機関投資家向けサービス提供に向け「FTX Access」設立

FTX、YGGのインドDAOトークン「IndiGG(INDI)」上場へ

FTX、FLOWのラップドトークン「Wrapped Flow(WFLOW)」上場へ

FTX、欧州と中東の事業拡大に向け「FTX Europe」設立 

参考:プレスリリースThe Quest by FTXTomorrowland Winter Festival 2022
デザイン:一本寿和
images:iStocks/vadimmmus・Drazen-Zigic

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない