中国「ブロックチェーンサービスネットワーク(BSN)」、規制遵守のNFT管理インフラ発表

中国「ブロックチェーンサービスネットワーク」、規制遵守でNFT管理へ

中国で国家支援で開発されている「ブロックチェーンサービスネットワーク(BSN)」が、NFTを管理できるインフラ「BSN-DDC(BSN-Distributed Digital Certificate)」を1月末にリリースする予定であることを、香港のメディアであるサウスチャイナ・モーニング・ポストが1月13日報じた。

「BSN」は、チャイナ・モバイル(中国移動通信)、チャイナユニオンペイ(中国銀聯)、ステート・インフォメーション・センター(SIC)といった国営企業である3社の支援のもとに、中国のテクノロジー企業であるレッド・デーツ(Red Date Technology)が開発したブロックチェーンネットワークだ。

そして「BSN-DDC(BSN-Distributed Digital Certificate)」を利用することで、企業と個人にAPIを提供し、ユーザーがNFTを管理するためのポータルやアプリケーションを独自に構築できるようになるとのこと。なお暗号資産(仮想通貨)とNFTの明確な線引きのために、決済については中国人民元のみが認められているとのことだ。

これについてレッド・デーツのCEOへ・イファン(HeYifan)氏は「NFTと暗号資産に関係を持たせない限り、中国では法的問題がない」と断言している。

なお中国では全てのインターネットシステムにユーザーの身元確認を要求しており、また違法した場合には規制当局が介入する必要がある。そのためだれでも参加でき、中国の管理できないパブリックチェーンの利用はできない。

そのためレッド・デーツは「BSN」に「パーミッション型のブロックチェーンチェーン」を採用し、指定したメンバーのみで管理可能なようにアレンジしている。

「BSN」はこれまでに20以上のパブリックチェーンをローカライズしており、今後「BSN-DDC」をイーサリアム(ETH)、コルダ(Corda)など10種類のブロックチェーンに適応したバージョンを開発し「BNS」に統合する予定だ。

へ・イファン氏によると、「BSN-DDC」が現地の規制を遵守して中国がNFT市場に参入するためのほぼ唯一の手段とのことだ。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

中国主導ブロックチェーンネットワークがR3社Cordaと提携か

中国NFTを海外と区別、アリババとテンセントが「デジタルコレクション」と表記

【解説】中国NFT市場の今。そしてビットコインのように規制されるか?

アリババのアントチェーン、NFT譲渡に独自ルール。中国規制に対応のため

マクドナルド中国、NFT「ビッグマック・ルービックキューブ」発表

参考:South China Morning Post
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BeeBright

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored