中国主導ブロックチェーンネットワークがR3社Cordaと提携か

中国主導ブロックチェーンネットワークがR3社Cordaと提携か

中国の国家情報センターが主導するBlockchain-based Service Network(BSN)の主要開発者であるRed Date Technologyが、米R3社と提携したことをブロックチェーンメディアのレジャーインサイツ(Ledger Insights)が3月31日報じた。

今回の提携によりRed Date TechnologyはR3社開発のエンタープライズ向けブロックチェーンCorda(コルダ)をBSNネットワークへ展開する予定であるとのことで、Red DateはCordaの無料版とCorda Enterpriseブロックチェーンの有料版の両方をBSNネットワークに参加する企業へ販売を行うとのこと。

BSNは今年1月に米ブロックチェーン開発企業コンセンシス(ConsenSys)と提携し、ConsenSys Quorum(旧JPモルガンのQuorum)をネットワークへ追加することを発表している他、現在BSNではHyperledger Fabric、 FISCO BCOS(WeBankなどが開発)、CITA、XuperChain(Baiduが開発)などのエンタープライズ向けブロックチェーンをサポートしている。またパブリックブロックチェーンにおいてもEthereum、EOS、Tezos、Neo、Chainlinkなども統合されており、BSNによると今後も複数のブロックチェーンが追加される予定である。

レジャーインサイツによるとBSNがエンタープライズ向けブロックチェーンと代理店契約を結んだのは今回が初めてであるとのことで、すでに何行かの中国の大手銀行ではCordaを利用する計画があるようだ。

R3のAPAC(アジア・パシフィック)責任者であるアミット・ガッシュ(Amit Ghosh)氏は「今回の協業は、中国市場におけるCordaの採用拡大に道を開くものであり、貿易金融、サプライチェーン、資本市場、保険、金融サービスを含む多くの産業の継続的な成長をサポートするものです」と述べているとのことだ。

なおCorda EnterpriseのBSNでの利用開始は、2021年の後半を予定しているとのこと。

参考:レジャーインサイツ

(images:iStocks/NatanaelGinting・dalebor・LeshkaSmok)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored