中国主導ブロックチェーンネットワークがR3社Cordaと提携か

中国主導ブロックチェーンネットワークがR3社Cordaと提携か

中国の国家情報センターが主導するBlockchain-based Service Network(BSN)の主要開発者であるRed Date Technologyが、米R3社と提携したことをブロックチェーンメディアのレジャーインサイツ(Ledger Insights)が3月31日報じた。

今回の提携によりRed Date TechnologyはR3社開発のエンタープライズ向けブロックチェーンCorda(コルダ)をBSNネットワークへ展開する予定であるとのことで、Red DateはCordaの無料版とCorda Enterpriseブロックチェーンの有料版の両方をBSNネットワークに参加する企業へ販売を行うとのこと。

BSNは今年1月に米ブロックチェーン開発企業コンセンシス(ConsenSys)と提携し、ConsenSys Quorum(旧JPモルガンのQuorum)をネットワークへ追加することを発表している他、現在BSNではHyperledger Fabric、 FISCO BCOS(WeBankなどが開発)、CITA、XuperChain(Baiduが開発)などのエンタープライズ向けブロックチェーンをサポートしている。またパブリックブロックチェーンにおいてもEthereum、EOS、Tezos、Neo、Chainlinkなども統合されており、BSNによると今後も複数のブロックチェーンが追加される予定である。

レジャーインサイツによるとBSNがエンタープライズ向けブロックチェーンと代理店契約を結んだのは今回が初めてであるとのことで、すでに何行かの中国の大手銀行ではCordaを利用する計画があるようだ。

R3のAPAC(アジア・パシフィック)責任者であるアミット・ガッシュ(Amit Ghosh)氏は「今回の協業は、中国市場におけるCordaの採用拡大に道を開くものであり、貿易金融、サプライチェーン、資本市場、保険、金融サービスを含む多くの産業の継続的な成長をサポートするものです」と述べているとのことだ。

なおCorda EnterpriseのBSNでの利用開始は、2021年の後半を予定しているとのこと。

参考:レジャーインサイツ

(images:iStocks/NatanaelGinting・dalebor・LeshkaSmok)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/29話題】フラクトンとアービトラム財団が提携、コインベースが米国外個人ユーザーに無期限先物取引を提供へなど

Arbitrum Japanが日本市場で展開開始、フラクトンがアービトラム財団と提携で、イーサL2「Arbitrum」、アービトラムオデッセイ再開へ、バイナンス、ペイセーフユーザーのユーロ取引を停止、ブエノスアイレス、ブロックチェーンベースのデジタルID発行へ、国内初、オーケーコインジャパンにスイ(SUI)上場へ、米コインベース、米国外の個人ユーザー向けに無期限先物取引を提供へ、DFINITY財団が「ICP Asia Alliance」立ち上げ、アジア全土でのweb3導入促進に向け、香港認可のHashKey Exchange、アバランチ(AVAX)取り扱い開始、米SEC、ブラックロック・ヴァルキリー・ビットワイズ申請の現物ビットコインETF承認判断を再度延期、米SEC、ヴァルキリーのイーサリアム先物ETFを承認=報道、人気NFT「BAYC」とストリートファッション「BAPE」、コラボコレクション販売へ