【速報】Celo財団からtechtecが日本初となるグラント獲得

Celo財団からtechtecが日本初となるグラント獲得

教育・金融分野でのブロックチェーン活用およびオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtec(テックテク)が、セロ財団(Celo Foundation)より日本初となるグラントを獲得したことを3月31日発表した。

セロ財団は金融包摂の実現を目指すプロジェクトやオープンソースプラットフォームであるセロの成長と開発をリードする団体だ。現在は主にステーブルコイン「Celo Dollar」や「Celo Euro」の開発を手がけている。セロはa16zやPolychain Capital、Coinbase、Dragonfly Capitalといった著名ベンチャーファンドに加え、LinkedIn創業者のReid Hoffman氏やTwitter創業者のJack Dorsey氏、プロサッカー選手の本田圭佑氏などが支持している。

リリースによると今回のグラント獲得により、日本におけるセロの知名度を高めることに貢献するとのこと。

なおtechtecが今回資金調達先にセロを選んだ経緯として、同社が社会課題の解決に向けた取り組みを推進すべく立ち上げた「Techtec Social Action(TSA)」によるものであるとのこと。techtecはceloファミリーに加わることで、この目的を達成することに繋がると考えているとのことだ。

株式会社techtecの代表取締役CEOである田上智裕氏はリリースにて「Celoの目指す世界は、DeFiの本質でありWeb3そのものです。今回のコラボレーションを進める中でも、Celoチームの皆さんからはDeFiおよびWeb3に対する熱意を感じました。彼ら彼女らと共に業界を盛り上げていけることを光栄に思います。

Celoからの資金提供を受けてインナーサークルに入ると共に、そこで得た知見をしっかりと日本のDeFi/Web3業界に持ち帰りたいと考えています。また、Techtec Social Actionの具体的な第一歩として、日本発で金融包摂の実現に少しでも貢献できるよう頑張っていきます」とコメントしている。

Celo(セロ)から資金調達した理由(techtec田上智裕氏インタビュー)

「あたらしい経済」では今回の資金調達についてtechtecの田上氏に取材をしました。以下の動画も合わせてご覧ください。

(images:iStocks/pgraphis・BadBrother)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/7話題】米SECがコインベース提訴、SECゲンスラー委員長が「暗号資産は必要ない」と発言など(音声ニュース)

米SECがコインベースを提訴、バイナンス提訴の翌日に、米コインベースが規制枠組み推進の草案を支持、「米国は遅れを取っている」、米SECゲンスラー委員長、「暗号資産は必要ない」との考え明かす、米SEC、バイナンスUS関連の資産凍結を裁判所へ緊急要請、米ロビンフッド、SEC証券指摘の暗号資産を上場廃止検討か=報道、USDCの米サークル、シンガポールで大手決済機関ライセンス取得、SBI出資の英ゾディアカストディ、機関顧客にイーサ(ETH)ステーキング提供へ。ソフトバンク出資ブロックデーモンと、野村證券らのコマイヌ、海外大手の暗号資産取引所「OKX」がカストディアンに採用、Cboe Clear Digital、ビットコインとイーサの証拠金先物取引を提供へ。CFTC認可で、オーケーコインジャパン、ジリカ(ZIL)のステーキングサービス提供へ

Sponsored