アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

アニモカブランズ、オンラインゲーマーにデジタル資産ウォレット提供の合弁会社設立へ

香港拠点のNFTゲーム開発企業アニモカ・ブランズ(Amimoca Brands)が、オンラインゲームのユーザーを対象にデジタル資産ウォレットと金融サービスを提供する合弁会社を設立することが11月25日分かった。

この合弁会社はアニモカが、香港とシンガポールで暗号資産のカストディライセンスを取得している金融プロパイダー、ヘックストラスト(Hex Trust)と提携し設立されるとのこと。

現在のブロックチェーンゲーム業界が直面している最大の問題は、ユーザーのゲームプラットフォームが発行するトークンを安全に保管しつつ、金融サービスへのアクセスを提供するオンラインのウォレットソリューションが無い事であると発表で説明されている。

アニモカはこの問題に対応する為、合弁会社を設立し、ヘックトラストの提供する機関投資家向けのデジタル資産ウォレットとカストディインフラをアニモカのブロックチェーン基盤のゲームとシームレスに繋げ、それによりブロックチェーンゲームのエコシステム成長をサポートするとのことだ。

アニモカ・ブランズは、F1デルタタイム(F1 Delta Time)、サンドボックス(The Sandbox)、モトGPイグニッション(MotoGPTM Ignition)等のブロックチェー ンゲームの成功や、REVVやSANDなどの関連トークンの発表を経て、今年5月には評価額約1,000億円で約97億円の資金調達を実施し、ユニコーン企業となった大手だ。

現在NFTゲーム分野を牽引する企業といえるアニモカが、業界エコシステムのサポートに乗り出したアクションには注目だ。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

アニモカブランズ、韓国芸プロのCUBEとメタバース構築で合弁会社設立へ

【取材】NFTゲームのアニモカブランズが約74億円調達、3ヶ月で企業評価額が倍に

NFT領域ユニコーン企業アニモカブランズ、約150億円の資金調達完了

NFTゲーム開発でユニコーン企業に、アニモカ・ブランズが約99億円の資金調達(共同創業者兼会長Yat Siu取材)

参考:アニモカブランズ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LuckyStep48

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【1/26の話題】IMFがエルサルバドルのBTC法定通貨化の見直し勧告、PleasrDAOが約78億円調達中かなど(音声ニュース)

IMF、エルサルバドルのビットコイン法定通貨化の見直しを勧告、PleasrDAO、約78億円を調達中か、ソフトバンクG元副社長の佐護勝紀やアニモカら、岩瀬大輔創業のNFTプラットフォーム「Kollektion」に出資、アルゼンチンサッカー協会がファントークンで二重契約か、ソシオスに次いでバイナンスと提携、ポルカドットパラチェーンのアカラ(ACA)、クラーケングローバルに上場、ビートルズ記念品がNFTに、ジュリアン・レノンがオークション販売へ、【取材】書籍出版にDAOを活用する「DAO BOOK PROJECT」開始、コインベースも協力、九工大とchaintope、「カーボンニュートラル・キャンパス」を目指し連携

Sponsored