ビットポイント、チェーンリンク(LINK)上場へ

ビットポイント、LINK上場へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所BITPOINT(ビットポイント)が、暗号資産チェーンリンク:Chainlink(LINK:リンク)の取り扱いを開始することが11月24日分かった。11月30日11:30から開始予定だ。

BITPOINTでの暗号資産新規上場は先月10月のジャスミー:Jasmy(JMY)とポルカドット:Polkadot(DOT:ドット)以来で、2か月連続の発表を行っている。

発表によるとLINKの取り扱いは、BITPOINTの暗号資産交換所サービスにおいて、日本円ペアによる現物取引となる。取引所サービス「BITPOINT PRO」での取り扱いについては未定のようだ。

「BITPOINT」では現在、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、トロン(TRX)、カルダノ(ADA)、ジャスミー(JMY)、ポルカドット(DOT)を取り扱っており、チェーンリンクが加わることにより同取引所での取り扱い通貨は13銘柄となる。

チェーンリンクの国内での取り扱いは、9月に上場発表したSBI VCトレードに続き2例目となる。またビットフライヤーが12月より取り扱い開始することも発表されている。

関連ニュース

【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も

ビットフライヤー、チェーンリンク(LINK)を12月上場へ

国内初、SBI VCトレードにチェーンリンク(LINK)上場。ポルカドット(DOT)も取扱

参考:ビットポイント
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した