米シティバンクが機関投資家向けのデジタル資産部門創設へ、新たに100名採用か

米シティバンクがデジタル資産部門創設へ、新たに100名採用か

米シティグループ(Citigroup Inc.)が、同社の機関投資家向け部門でブロックチェーンやデジタル通貨を含むデジタル資産に特化した部署を設立することを23日発表した。その部署で約100名ほど採用することを検討しているとのこと。

シティグループのこの取り組みは、伝統的な銀行が、マスアダプションしつつあり規制面でも注目されている暗号資産の分野に参入する方法を模索している、新たなの試みだ。

シティのグローバルマーケット事業部でブロックチェーンとデジタルアセットの責任者を務めるプニート・シングビ(Puneet Singhvi)が、新チームを率いることになると、シティはスタッフへのメモで発表した。

新チームは社内外の人材を組み合わせて構成され、シンガポール、ニューヨーク、ロンドン、イスラエルのテルアビブに配置されると、シティの広報担当者は電子メールで回答し、採用は2022年末までに終了する予定であると付け加えた。

「プロダクトやサービスを提供する前に、当社の規制の枠組みや監督の期待に応えるため、これらの市場、進化する規制の状況、関連するリスクを調査しています」と広報担当者は述べている。

今年、バンク・オブ・アメリカは暗号資産のリサーチを本格的に開始し、ゴールドマン・サックスは暗号資産の取引チームを立ち上げ、JPモルガンは富裕層(ウェルスマネジメント)の顧客が暗号資産ファンドに投資機会を提供した。

またアジアでは、DBSグループが暗号資産の取引プラットフォームを拡大している。

シティの新チームは、新しいプロダクト、新たな顧客、新たな投資を含むデジタル資産の機会を追求するための戦略を策定しながら、商品開発とプロジェクト管理を行っていく。

 (Reporting by Nikhil Kurian Nainan in Bengaluru; Editing by Anshuman Daga and David Goodman)
翻訳:竹田匡宏(あたらしい経済)
※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した