ビットフライヤー、チェーンリンク(LINK)を12月上場へ

ビットフライヤー、LINK上場へ

暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)にて新たに暗号資産チェーンリンク:Chainlink(LINK:リンク)を取り扱うことが11月11日分かった。

ビットフライヤーの新規通貨上場は、今年6月に取り扱いを開始したポルカドット:Polkadot(DOT:ドット)以来となる。なおチェーンリンクの国内での取り扱いは、9月に上場発表したSBI VCトレードに続き2例目となる。

発表によるとチェーンリンクはビットフライヤーの「販売所」にて「12月中」に取り扱い開始を予定しているとのことだ。

現在ビットフライヤーの取り扱い通貨は、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)イーサリアムクラシック(ETC)ライトコイン(LTC)ビットコインキャッシュ(BCH)モナコイン(Mona)リスク(LSK)リップル(XRP)ベーシックアテンショントークン(BAT)ステラルーメン(XLM)ネム(XEM)テゾス(XTZ)ポルカドット(DOT)となっている。チェーンリンク(LINK)上場で14銘柄目となる予定。

チェーンリンク(LINK)とは

チェーンリンクは、スマートコントラクトと現実世界のデータを接続することを目的とした分散型オラクルネットワーク。ネイティブ通貨であるLINKはノードオペレータへの報酬として使用されている。

記事執筆時点での時価総額は約1.8兆円。暗号資産時価総額ランキングでは16位となっている(コインマーケットキャップ調べ 11月11日)。

関連ニュース

ビットフライヤー、ポルカドット(DOT)の取り扱い開始

国内初、SBI VCトレードにチェーンリンク(LINK)上場。ポルカドット(DOT)も取扱

参考:ビットフライヤー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない