ビットフライヤー、ポルカドット(DOT)の取り扱い開始

ビットフライヤー、ポルカドット(DOT)の取り扱い開始

暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)のアルトコイン販売所にて新たに暗号資産Polkadot:ポルカドット(DOT:ドット)の取扱い開始が6月29日に明らかになった。

DOTを発行するポルカドットは、複数の異なるブロックチェーン間の相互接続(インターオペラビリティ)を可能にするブロックチェーンプロジェクトだ。

なおビットフライヤーの新規通貨取り扱い開始は昨年12月のテゾス(Tezos / XTZ)の取り扱い開始以来となる。

現在ビットフライヤーの取り扱い通貨は今回加わったポルカドット(DOT)の他、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)イーサリアムクラシック(ETC)ライトコイン(LTC)ビットコインキャッシュ(BCH)モナコイン(Mona)リスク(LSK)リップル(XRP)ベーシックアテンショントークン(BAT)ステラルーメン(XLM)ネム(XEM)テゾス(XTZ)の13銘柄となった。

またビットフライヤーのポルカドット取扱いに合わせ、ビットフライヤーは2つキャンペーンを開始した。キャンペーン内容は「1.合計5万円以上のDOTを購入した場合、抽選で5名に5万円をプレゼント、2.合計1万円以上5万円未満を購入した場合、抽選で10名に1万円をプレゼント」となっている。

また、プレゼント進呈タイミングは8月ごろとのことだ。

参考:ビットフライヤー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/26話題】能登半島地震への暗号資産の寄付金が2000万円に、ビットフライヤーがエルフトークン付与実施など

能登半島地震への暗号資産による寄付金総額が2000万円相当に、日本ブロックチェーンPJ5団体が実施、ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で、Reddit、余剰現金でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に投資、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行のUSDY、アプトス(APT)に統合、ビットフライヤーにアバランチ(AVAX)、ザ・グラフ(GRT)、レンダートークン(RNDR)上場へ、香港、暗号資産カストディに関する暫定基準を公表、アルゼンチンがVASP規制準備進める、FATFグレーリストから除外目指し=報道、スポーツクラブ初、パリサンジェルマンFCがチリーズ(CHZ)のバリデーターに、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」がBNBチェーン上に展開、Polygon LabとStarkWare、新証明技術「Circle STARK」発表

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない