モルガン・スタンレー、グレイスケールのビットコイン投資信託の保有明らかに

モルガン・スタンレー、グレイスケールのビットコイン投資信託の保有明らかに

米金融大手のモルガン・スタンレー(Morgan Stanley)が同社運営のEurope Opportunity Fund(ヨーロッパ・オポチュニティー・ファンド)にてビットコイン投資信託を保有していることが米証券取引委員会(SEC)に提出された書類によって明らかになった。

ブロックチェーンメディアTHE BLOCKの報道によると、ヨーロッパ・オポチュニティー・ファンドは米暗号資産運用会社グレースケール(Grayscale)の金融商品であるグレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)の株式を28,289口所有しているとのことで、その額は約130万ドル(約1.4億円)となる。

モルガンスタンレーは今年4月にビットコインに関する金融商品を取り扱う方針となっていたようで、その対象となるファンドは総資産の25%をビットコイン関連商品に投資できるようになっているとのことだ。

参考:THEBLOCK
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Vit_Mar・LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している