FRBパウエル議長、デジタルドル発行について議会との協力意向示す

FRB議長、デジタルドル発行について議会との協力意向示す

米連邦準備理事会(FRB)のジェローム・パウエル(Jerome Powell)議長が、9月28日に行われた上院銀行委員会の公聴会にて、デジタルドル(米国中央銀行デジタル通貨)の発行について議会と協力する意向であることを明らかにした。

パウエル議長がデジタルドルに関する発言を行ったのは、パット・トゥーミー(Pat Toomey)上院議員の質問に対する回答の場面だ。

トゥーミー議員は「デジタルドルは綿密な設計が必要であり、そのためには議会の意見を取り入れながら透明性の高いプロセスを経て設計されるべきだと考えています。デジタルドルの設計過程において議会の承認を得ることがどれほど重要であると考えているか、コメントをいただきたい」と質問を行った。

パウエル議長はこの質問に対し「デジタル通貨には様々な形態があり得ます。ある形態では既存の法律の枠組みで認可が可能かもしれませんが、理想的には、幅広い協議の結果として議会が認可する法律の下で発行されるべきだと考えています」と回答した。

パウエル議長は今年2月にも中央銀行がデジタルドルの開発と展開を進めるためには議会承認が必要という旨の発言をしており、今後本格的にデジタルドルに関する法律の議論が進められるのではないだろうか。

またデジタルドルの技術的な進捗については、現在ボストン連邦準備銀行とマサチューセッツ工科大学が共同でデジタルドルのプロトタイプの開発を進めており、今年中にその結果が発表される予定となっている。

関連ニュース

ボストン連銀とMITがデジタルドルのプロトタイプを7月発表か

参考:YouTube
デザイン:一本寿和
images:iStocks/YayaErnst・csfotoimages

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。