DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表

ICP、ビットコインへの接続予定を発表

ディフィニティ財団(DFINITY Foundation)が、分散型クラウドコンピューティングプラットフォームであるインターネット・コンピューター(Internet Computer)をビットコインに接続することを9月21日に発表した。

リリースによればビットコインネットワーク接続の提案に関するコミュニティ投票がDFINITY財団内で行われ、9月17日に96.55%の承認を得て可決されたとのことだ。

実装の時期は2021年第4四半期に予定されており、接続には「チェーンキー暗号化技術」と呼ばれる新しい暗号化技術が利用されるとのことだ。

インターネット・コンピューターをビットコインネットワークに接続することにより、スマートコントラクトを介してビットコインの残高を直接操作できるようになるとのこと。

Web3.0のサービス開発者はインターネット・コンピューターのスマートコントラクトを利用することで、ビットコイン上で実行される新しいシステムやサービスの構築が可能になるとのことだ。

ディフィニティ財団のチーフサイエンティストであるドミニク・ウィリアムズ氏は以下のようにコメントしている。

「インターネット・コンピューターのスマートコントラクトはビットコインの流動性にアクセスできるようになり、逆にビットコインは煩雑なブリッジングサービスを必要とせずに、強力な新しいスマートコントラクト機能を得ることができるようになります。

これにより、ビットコインが新世代のWeb 3.0インターネットサービスを動かすことができるようになり、サトシのビジョンを実現することができます」

インターネット・コンピューターはディフィニティ財団によって立ち上げられたパブリックブロックチェーンである。ブロックチェーン自体の管理は専用のハードウェアである「ノードマシン」によって行われており、このノードマシンを世界各地の独立したデータセンターに導入することで分散性を確保している。

2021年5月に正式にローンチし、その後数か月間で100万以上のIDが生成されており、通算で2億回以上の処理を行っているとのことだ。

インターネット・コンピューターのローンチに合わせて、インターネット・コンピューターのガバナンストークンであるICPの取引も開始されている。ICPはコインベースやバイナンスなど主要な取引所で取り扱われているが、今年7月にはこのトークンをめぐって集団訴訟が起こっている。

関連ニュース

Dfinity財団、ICPトークンが未登録証券と訴訟受ける

DFINITYのICP(インターネットコンピューター)とは? イーサリアムと何が違う?

参考:DFINITY Foundation
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【取材】zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored