Dfinity財団、ICPトークンが未登録証券と訴訟受ける

Dfinity財団、ICPトークンが未登録証券と訴訟受ける

非営利団体ディフィニティ財団(DFINITY Foundation)が、同団体が開発を主導するインターネットコンピュータープロジェクト(Internet Computer Project)のICPトークンが未登録の証券であるとして集団訴訟を受けていることがディクリプトの報道で7月22日明らかになった。

この訴訟はカリフォルニア州にて同州在住の投資家が「2021年5月10日以降にInternet Computer Projectトークンを購入したすべての投資家」を代表して訴状を7月15日に提出している。

原告は被告としてディフィニティの創始者であるドミニク・ウィリアムズ(Dominic Williams)氏の他、ディフィニティの初期投資ファンドであるポリチェーンキャピタル(Polychain Capital)とa16z(アンドリーセン・ホロウィッツ)に対しても提訴を行っている。

訴状を確認すると、原告側はICPトークンの提供に際しSEC(米証券取引委員会)に登録書が提出されておらず有効でもなかったとし、被告が証券取引法に違反して未登録の証券を投資家に販売したと主張しており、1933年米国証券法(Securities Act of 1933)第15条に基づく損害賠償請求訴訟を提起している。

また訴状では、ディフィニティ財団が行った上場イベント「ジェネシス(Genesis)」において販売された469,213,710個のICPが「何もないところから作られたものである」とし、ICPトークンの現在の供給量の24%が被告に与えられ、その大部分はポリチェーンとa16zが得ていると主張されている。

参考:ディクリプト
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Pict-Rider

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【1/27話題】TanéがDeNAらから約10億円調達、Amazonが4月にデジタル資産事業立ち上げかなど(音声ニュース)

Tanéがweb3インキュベーター事業開始、DeNAやB Dashらから約10億円の資金調達も、Amazonが4月にデジタル資産事業を立ち上げか、BCゲームやNFT検討=報道、FTXが米国司法省の調査に異議。債権者は日本および米国規制当局なども、米国民主党議員ら、PCAOBへ暗号資産監査会社の監視強化を要求。FTX破綻受け、Sui(SUI)基盤のウォレット「Ethos Wallet」がシードラウンドで約5.4億円調達、gumi Cryptosら出資、SBI VCトレード、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始、Doodles2が「Flow」でローンチへ、ウェアラブルNFTでカスタマイズ可能に、大阪府太子町が「あるやうむ」と連携協定、NFTで地方創生促進へ、オランダ中銀、コインベースに約4.6億円の罰金支払命令、金融格付け機関ムーディーズ、ステーブルコインのスコアリングシステム開発中か=報道、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」、イーサ上にv3立ち上げへ、アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

Sponsored

アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

綿花のサプライチェーン透明性に取り組むUSコットン・トラスト・プロトコル(U.S. Cotton Trust Protocol 以下、トラストプロトコル)のネットワークメンバーに、米アパレル企業のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American Eagle Outfitters以下、AEO)が新たに加入したことが1月26日発表された