JCBとLayerX、次世代金融とプライバシーに関するコンセプトペーパー発行

JCBとLayerX、次世代金融とプライバシーに関するコンセプトペーパー発行

株式会社ジェーシービー(JCB)と株式会社LayerX(レイヤーエックス)が、次世代金融とプライバシーに関するコンセプトペーパーを共同で作成し7月26日公開した。

リリースによると業種や業界を超えた取引情報の共有に際しては、データ保護、プライバシーの観点から、取引情報の閲覧権限を主体毎に柔軟に設定できる仕組みが情報の提供者に求められることに加えて、与信情報の照会・確認等に必要となるデータ演算を、データを秘匿したまま行う高度なプライバシー技術が要求されるという。そのため今回両社は取引履歴の管理をはじめとする次世代の金融取引を展望した上で、秘匿化・プライバシーの確保を通じて可能になるとみられるコンセプトについて取りまとめたとのこと。

なおコンセプト検討においては、明治大学政治経済学部教授の小早川周司氏とナッジ株式会社の代表取締役社長である沖田貴史氏に協力を仰いだとのことだ。

コンセプトペーパーでは、秘匿化によって可能となる、プライバシー保護とデータ利活用の両立にむけたユースケースとして、「1.取引トラッキング」「2.決済データ秘匿化とAML」「3.決済履歴データの利活用」「4.デジタルID基盤」および「5.組織間連携ペイメント」が挙げられている。

なおこれらのユースケースの実現にむけた技術的手段として、LayerXでは次世代のセキュリティ・プライバシー保護技術「Anonify」の研究開発を進めていると説明されている。

「Anonify」は、PCやスマートフォンなどの端末に備えられたプロセッサのセキュリティ機能である「TEE」を応用し、データ利活用とデータ保護の両立を実現する秘匿化ソリューションで、データを秘匿化したまま様々なビジネスロジックを実行可能な点が特徴とのことだ。

コンセプトペーパー「次世代金融とプライバシー」はこちら

参考:LayerX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/AndreyPopov

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定