テスラとBHP、ブロックチェーン活用のバッテリーサプライチェーン構築へ

テスラとBHP、ブロックチェーン活用のバッテリーサプライチェーン構築へ

世界最大の鉱業会社であるオーストラリアのBHPが、テスラ(Tesla Inc.)とのニッケルの供給契約を締結したことを7月22日発表した。

また両社はニッケル供給の他に、ブロックチェーンを用いたエンド・ツー・エンドの原料トレーサビリティー、バッテリー原料生産のための技術交換などバッテリーのサプライチェーンをより持続可能なものにするための方法について協力していくことも発表した。

ニッケルはテスラが販売する電気自動車のバッテリー製造の際に使用される金属だ。なおBHPによると同社は西オーストラリア州のニッケル・ウェストからテスラにニッケルを供給するとのことだ。BHPはニッケル・ウェストを世界で最も持続可能で炭素排出量の少ないニッケル生産地の一つと説明している。

BHPのCCOであるヴァンディータ・パント(Vandita Pant)氏は「電池用ニッケルの需要は、世界的に高まる電気自動車の需要を支えるために、今後10年間で500%以上増加すると推定されています。私たちは、テスラ社とこの契約を締結し、技術と革新に重点を置くという共通点を通じて、バッテリーのサプライチェーンをより持続可能なものにする方法について協力できることを嬉しく思います」とリリースにてコメントしている。

参考:BHP
デザイン:一本寿和
images:iStocks/MikeMareen

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定