JPモルガンの富裕層顧客、暗号資産ファンド取引可能に

JPモルガンの富裕層顧客、暗号資産ファンド取引可能に

JPモルガン(JP Morgan)の富裕層顧客が暗号資産ファンドに売買注文できるようになったと7月21日にビジネスインサイダーが報じた。米国の大手銀行として、初の取り組みとなる。

同行の富裕層顧客はデジタル資産運用企業グレースケールインベストメント(Grayscale Investments)の運用ファンドに投資できるようになる。具体的には「Grayscale Bitcoin Trust、Grayscale Bitcoin Cash Trust、Grayscale Ethereum Trust、Grayscale Ethereum Classic Trust、Osprey Bitcoin Trust」の5つのファンドとのことだ。

グレースケールの広報担当者は「私たちのそれぞれのファンドがJPモルガンの顧客に提供されていることを確認し、デジタル資産商品で銀行と協力できることに興奮しています」とBusinessInsiderへの電子メールでの声明で述べているようだ。

編集部のコメント

2017年時点でJPモルガンはCEOのジェイミー・ダイモン(Jamie Dimon)が暗号資産関連の事業などに強く反対をしていました。例えば、JPモルガン社員が暗号資産取引を行なった場合は解雇するなどの発言をしていました。

しかしそれから4年が経ち、JPモルガンは暗号資産売買取引を可能にした米国初の銀行になりました。その理由としては、顧客からの強い要望があったからとのことです。

そのほか、ゴールドマンサックスなども同様の動きを行なっています。再度、機関投資家の参入が増加していくのではないでしょうか。

参考:BusinessInsider
images:iStocks/LewisTsePuiLung・Ninja-Studio
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定