JSTA、英デジタル証券取引所アーチャックスと提携

JSTA、英デジタル証券取引所アーチャックスと提携

一般社団法人日本セキュリティトークン協会(JSTA)が、デジタル証券取引所・カストディアンビジネスを展開する英Archax Ltd.(アーチャックス)とパートナーシップ契約の締結を6月23日発表した。

アーチャックスは英国の金融当局であるFCA(Financial Conduct Authority)から初めて承認されたデジタル証券取引所・カストディアンだ。

ブロックチェーン技術を活用したセキュリティトークンに関する課題解決を目的とした日本国内の活動についてのパートナーシップ契約とのことで、今後両社はセキュリティトークンに関する事例や議論を交換し、日本国内およびグローバルでのセキュリティトークンのビジネス拡大成長に協力して取り組んでいくとのことだ。

編集部のコメント

JSTAでは現在正会員10社、賛助会員34社が参画しています。その他パートナーとしてSecuritize Inc.(米国)、Tokeny(ルクセンブルク)、Security Token Market, LLC(米国)、株式会社ブロックチェーンハブ、そしてアーチャックスの5社がJSTAと提携をしています。

デザイン:一本寿和
images:iStocks/pgraphis

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/29話題】ArthSwap厳しい滑り出し、クラーケンJPが元素騎士メタバース上場など(音声ニュース)

アスターのDEX「ArthSwap(ARSW)」厳しい滑り出し、CEX上場後に価格急落、国内初、クラーケンジャパンが元素騎士メタバース(MV)取り扱い開始、米コージェント銀行、ブロックチェーンでの決済サービス導入、米サークルとNYCB、カストディパートナー契約、カストディの「PolySign」約72億円調達、機関投資家向けサービス強化へ、投資企業サイファーパンク、ビットコインとイーサ全て売却、ロビンフッドで「チェーンリンク(LINK)」上場、JASRACが楽曲情報管理にブロックチェーン、「KENDRIX」、ゴールドマンサックス、コインベース株の投資判断「売り」に=報道、クリプトスペルズが「TCG-verse」へ、「Oasys」のL2に独自チェーン開発、、ディープコイン(DEP)、フォビグローバルに上場へ、コイントレードがカルダノ(ADA)、パレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)取扱いへ、ペルシジャジャカルタ、「Socios. com」でファントークン発行へ

Sponsored