あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

バイナンスチャリティとグラコネが日本のBC企業と共同で日本の医療機関支援チャリティーの企画発表、米GeminiがGS元幹部を採用しアジア進出の動きを加速かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

マイクロソフトがビットコインベースの分散型ID管理ツール「ION/イオン」のベータ版をメインネットで公開、広告モデルに依存しないWebメディアの新たな可能性、ハッカヌーン(Hacker Noon)がCoil(コイル)から資金調達し戦略的提携、Microsoft、EY、ConsenSysらが開発するBaseline ProtocolがGoogleスプレッドシートとMicrosoft 365の統合の実証実験に成功、コインベースが上場候補の暗号資産リストを発表、コインベースカストディにてポルカドット(DOT)のサポートが正式に開始

マイクロソフトがビットコインベースの分散型ID管理ツール「ION」β版をメインネットで公開、ハッカヌーンがコイルから資金調達し戦略的提携などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

マイクロソフトがビットコインベースの分散型ID管理ツール「ION/イオン」のベータ版をメインネットで公開、広告モデルに依存しないWebメディアの新たな可能性、ハッカヌーン(Hacker Noon)がCoil(コイル)から資金調達し戦略的提携、Microsoft、EY、ConsenSysらが開発するBaseline ProtocolがGoogleスプレッドシートとMicrosoft 365の統合の実証実験に成功、コインベースが上場候補の暗号資産リストを発表、コインベースカストディにてポルカドット(DOT)のサポートが正式に開始

広告モデルに依存しないWebメディアの新たな可能性、ハッカヌーン(Hacker Noon)がCoil(コイル)から資金調達し戦略的提携

テック系パブリッシングプラットフォームであるハッカヌーン(Hacker Noon)が、コンテンツ提供プラットフォームCoil(コイル)を運営するCoil Technologiesから100万ドル(約1億700万円)の資金調達を行ったことを6月10日発表した。そして両社は3年間の戦略的パートナーシップを結んだ。

Microsoft、EY、ConsenSysらが開発するBaseline ProtocolがGoogleスプレッドシートとMicrosoft 365の統合の実証実験に成功

Microsoft(マイクロソフト)、アーンスト・アンド・ヤング(EY)、ConsenSys(コンセンシス)らが開発するBaseline Protocol(ベースラインプロトコル)が、GoogleスプレッドシートとMicrosoft Dynamics(マイクロソフトダイナミクス) 365の統合の実証実験に成功したことを、Baseline Protocolの開発企業であるLimeChain(ライムチェーン)がYoutubeで発表した。

デジタルガレージが機関投資家向け決済PF「SETTLENET」と円建ステーブルコイン「JPYS」開発、ビットフューリーが日本初のビットコインマイニングファンド組成などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

デジタルガレージ子会社が機関投資家向け決済プラットフォーム「SETTLENET」と円建ステーブルコイン「JPYS」を開発、ビットフューリーが日本初となるビットコイン・マイニングファンドを組成、bitFlyer Blockchainがブロックチェーン投票サービス「bVote」を開発し、6月26日の株主総会で活用予定、ビットコインで支払えるコカ・コーラの自販機がオーストラリアとニュージーランドにて展開、博報堂DYメディアパートナーズとアーリーワークスがブロックチェーン型データベースを活用したソリューションを提供へ、コインチェックの暗号資産積立購入サービスに新たにXEMとQTUMが追加

(bitFlyer Blockchain 代表取締役 加納氏コメントあり)bitFlyer Blockchainがブロックチェーン投票サービス「bVote」を開発し、6月26日の株主総会で活用予定

株式会社bitFlyer Blockchainが、日本政府が普及を目指すマイナンバーカード認証を活用した「なりすまし防止機能付き」のブロックチェーン投票サービス「bVote(ビヴォウト)」を開発したと6月10日発表。

(クリプトガレージ COO&CBO加藤岬造氏コメント追記)デジタルガレージ子会社が機関投資家向け決済プラットフォーム「SETTLENET」と円建ステーブルコイン「JPYS」を開発

株式会社デジタルガレージの子会社で、フィンテック分野におけるブロックチェーン金融サービス事業を展開する株式会社Crypto Garage(クリプトガレージ)が、暗号資産の大口OTC市場に特化したトレーディング会社や取引所、資産運用会社、ブローカー向け決済プラットフォーム「SETTLENET(セトルメント)」の商用サービス開始を発表。

博報堂DYメディアパートナーズとアーリーワークスがブロックチェーン型データベースを活用したソリューションを提供へ

株式会社博報堂DYメディアパートナーズが、株式会社アーリーワークスと業務提携することを6月9日発表した。これによりブロックチェーンを活用した企画開発からシステム開発まで一気通貫したソリューションを提供できる体制を構築するとのことだ。昨今急激に増大しているIoTデバイスをはじめ、あらゆるメディアから生み出される膨大なデータを、安全に収集・管理・利用するためのデータベースを構築することでメディア産業の成長を支援するという。

積水ハウスがブロックチェーン技術利用の賃貸入居プロセスワンストップ化サービス発表、中国浙商銀行がBC上の債権を担保に約18億3400万円の債券発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

積水ハウスがブロックチェーン技術を利用した賃貸入居プロセスのワンストップ化へ向けたサービスを発表、中国の浙商銀行がブロックチェーン上の債権を担保に約18億3400万円の債券を発行、フレセッツが暗号資産(仮想通貨)ウォレットユーザーのプライバシー向上技術開発に成功、コインチェックがブロックチェーン技術を活用したSaaS型株主総会業務支援事業の検討開始を発表、P2P電力取引プラットフォーム提供のデジタルグリッドが東芝ら5社より7.5億円の資金調達、IOST財団がメディカル・ヘルステックのプラクスと健康管理記録のヘルスケア領域にブロックチェーン技術活用へ

(コインチェック広報担当者コメント追記)コインチェックがブロックチェーン技術を活用したSaaS型株主総会業務支援事業の検討開始を発表

コインチェック株式会社がSaaS型の株主総会業務支援事業の検討を開始したことをプレスリリースで発表した。同事業で提供されるサービスは、ブロックチェーンを活用し議決権行使の改竄リスクを排除するシステムの実装も検討しているとのことだ。

Braveが日本国内で防弾少年団(BTS)やラッシュゲーミングの限定ブラウザ提供、フィラデルフィア連邦準備銀行が中央銀行デジタル通貨の論文発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ブレイブ(Brave)が日本国内で防弾少年団(BTS)やラッシュゲーミングの限定ブラウザを提供、米フィラデルフィア連邦準備銀行が中央銀行デジタル通貨(CBDC)についての論文を発表、Coinbaseがブロックチェーン分析ツールをアメリカ政府組織へライセンス販売か、金融庁が「分散型金融システムのガバナンスの課題についての取組み」をまとめたウェブページ公開

ソラミツらが会津大学でBCベースのデジタル地域通貨運用開始へ、LayerXがBCにおける次世代プライバシー保護技術「Anonify」概要公開などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ソラミツらが会津大学でブロックチェーンベースのデジタル地域通貨「Byacco/白虎」を7月1日より正式運用開始、LayerXがブロックチェーンにおける次世代のプライバシー保護技術「Anonify」の ホワイトペーパー及びソースコード公開、コインチェックがお名前ドットコム登録ドメイン不正アクセスについて最終報告、韓国カカオトークのクレイトンが暗号資産(仮想通貨)ウォレット「Klip」をローンチ、中国がパブリックブロックチェーンの脆弱性に関するデータベースを公開