あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

トヨタがブロックチェーンに本格参入、イリノイ州議会が仮想通貨5年放置で所有権放棄を提案などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

トヨタがブロックチェーンに本格参入、BUIDLとVehicle ID/Personal ID基盤の構築と連携に関する実証実験完了。「トヨタ・ブロックチェーン・ラボ」が検証を進めている主なテーマも公表、米イリノイ州議会が「仮想通貨を5年放置したら所有権放棄」と法律へ付託を提案、イタリア赤十字社がコロナウィルス被害へビットコインでの募金活動を開始、Bitgateがレバレッジ取引サービスを終了へ

(担当者コメント追記)トヨタがブロックチェーンに本格参入、BUIDLとVehicle ID/Personal ID基盤の構築と連携に関する実証実験完了。「トヨタ・ブロックチェーン・ラボ」が検証を進めている主なテーマも公表

トヨタがブロックチェーンに本格参入、BUIDLとVehicle ID/Personal ID基盤の構築と連携に関する実証実験完了。「トヨタ・ブロックチェーン・ラボ」が検証を進めている主なテーマも公表

AMFがSTに関するリサーチ文書発表、イングランド銀行がCBDC調査ロードマップ発表、スタートバーン独自ブロックチェーンStartrailに変更などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フランス規制当局がセキュリティートークンに関するリサーチ文書を発表、イングランド銀行が中央銀行のデジタル通貨の調査ロードマップを発表、スタートバーンが独自ブロックチェーン本格稼働に伴い、ABNの正式名称を「Startrail」に変更、ヒュンダイ子会社Hdac TechnologyがChainlinkと技術的パートナーシップ締結、ツクルバとフィンテックアセットマネジメント協業の不動産ファンドの運用自動化検討にLayerXが参画

ツクルバとフィンテックアセットマネジメント協業の不動産ファンドの運用自動化検討にLayerXが参画

中古・リノベーション住宅の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」を提供する株式会社ツクルバが、フィンテックアセットマネジメント株式会社(FAM)が組成・運営する不動産ファンド「Re-Innovation Fund 1号」に出資したことを3月13日プレスリリースにて発表した。

スタートバーンが独自ブロックチェーン本格稼働に伴い、ABNの正式名称を「Startrail」に変更

アート領域のブロッックチェーンプロジェクトを進めているスタートバーン株式会社が、同社の開発主導するブロックチェーン「Art Blockchain Network(ABN)」(仮称)の本格稼働に伴い、ABNを「Startrail」に変更し、正式名称として決定したことを3月13日プレスリリースにて発表。

50社以上のアライアンス「Celo Alliannce for Prosperity」が設立、米Figure Technologiesがブロックチェーンで1億5000万ドルの住宅ローンを証券化などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

50社以上のアライアンス「Celo Alliannce for Prosperity」が設立、米Figure Technologiesがブロックチェーンで1億5000万ドルの住宅ローンを証券化、日本STO協会に東海東京証券が新たに入会、コインチェックNEM不正流出事件関連で初の逮捕者、Braveの独自トークンBATがスターバックスやアマゾンのギフトカードと交換が可能に

金融庁らがブロックチェーン国際ネットワーク「BGIN」設立へ、DeFi特化VC「Framework Ventures」がFutureswapとCommon Labsに合計90万ドル出資などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

金融庁らが、新たなブロックチェーン国際ネットワーク「BGIN」の設立を発表、DeFi特化のVC「Framework Ventures」がFutureswapとCommon Labsに合計90万ドルを出資、SBI FXトレードと楽天ウォレットが証拠金取引を2020年度中に開始へ、QUOINE開発の分散台帳が今夏メインネットリリースへ

金融庁らが、新たなブロックチェーン国際ネットワーク「BGIN」の設立を発表

3月10日18時から開催されたBlockchain Global Governance Conference (BG2C)の特別オンラインパネル討論で、アメリカジョージタウン大学の松尾真一郎教授より、ブロックチェーンに関する新しい国際的なネットワークである「Blockchain Governance Initiative Network(BGIN)」の設立が発表された。

LIFULLがSecuritizeと不動産セキュリティトークン発行スキームの実証実験完了、中国人民銀行がブロックチェーンプラットフォームへ約5億円投資などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LIFULLがSecuritizeと不動産セキュリティトークン発行スキームの実証実験を完了、中国人民銀行が同行らが運営するブロックチェーンプラットフォームへ約5億円投資、ステイクがUC Berkeley主催のブロックチェーンアクセラレーションプログラムに日本初の採択、BraveのDAUが400万超えに

LIFULLがSecuritizeと不動産セキュリティトークン発行スキームの実証実験完了の報告(LIFULL松坂氏、Securitize森田氏コメント)

不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」等の住生活関連サービスを提供する株式会社LIFULL(ライフル)のグループ会社株式会社LIFULL Social Fundingとデジタル証券プラットフォームを提供するSecuritize(セキュリタイズ)が共同で、空き家の利活用等への投資における不動産セキュリティトークン発行スキームの実証実験を実施したことを明らかにした。