コインチェックがChilizとNFTマーケットプレイスにて連携、ACミランやFCバルセロナなど世界的クラブチームのNFT取り扱いへ

コインチェックがChilizとNFTマーケットプレイスにて連携、ACミランやFCバルセロナなど世界的クラブチームのNFT取り扱いへ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するコインチェック株式会社がNFTマーケットプレイス事業において、スポーツ・エンターテイメント業界におけるブロックチェーン活用を目指す企業チリーズ(Chiliz)と連携を開始したことを2月1日に発表した。

NFTマーケットプレイスとは、ブロックチェーン上に記録され、固有の値や情報を持った非代替性の権利証であるNFT(ノンファンジブルトークン)を暗号資産と交換できるサービスである。コインチェックは2020年8月からNFTマーケットプレイスの立ち上げに取り組んでおり、既に国内外で人気のある5つのゲームタイトルで利用できるNFTを同社のマーケットプレイスで取扱うべく連携を行っている。

コインチェックは2020年度内に提供開始を予定しているこのNFTマーケットプレイスにてチリーズと連携することにより、チリーズ提供の暗号資産やNFTを用いたファンコミュニティ形成のためのプラットフォーム「ソシオスドットコム(Socios.com)」で利用できるNFTの取り扱いを目指すとのこと。

ソシオスドットコムは、チリーズによって2019年に運営が開始されたコンシューマー向けサービスである。

ソシオスドットコムは現在FCバルセロナ、パリ・サンジェルマン、ユベントス、ACミランを含む21の世界的クラブチームと提携しており、ユーザーはソシオスドットコムでこれらのクラブのファントークン(NFT)を取得することにより、クラブ投票イベントへの参加権利やゲーム機能の利用権利を得られるとのこと。またサッカーのクラブチームの他にも総合格闘技団体UFCやPFLともパートナーシップを結んでおり、PFLのファントークン発行が2021年に予定されているとのことだ。

※ファントークン(NFT)という表記がありましたが、こちらは誤りでした。訂正のうえお詫びいたします。2021.2.2 21:30追記

編集部のコメント

暗号資産取引所であるコインチェックがNFTマーケットプレイスを展開することで、ユーザーは自身で秘密鍵の管理をすることなく取引ができるメリットがあります。さらにNFTを発行する企業は、225万人を超えるコインチェックユーザーにアプローチできるため、NFTの流通促進など市場拡大が期待できるとのことです。

既に日本市場に参入を検討していた国外の人気プラットフォームや国内でも人気のブロックチェーントレーディングカードゲーム「クリプトスペルズ」もコインチェックとの連携を発表しています。

コインチェックがNFTマーケットプレイスを展開することで今後の国内のNFTマーケットがどのように盛り上がりを見せていくのか注目です。

関連ニュース

「コインチェックがクリプトゲームスとNFTマーケットプレイス事業において連携開始」

「コインチェックがダッパーラボとNFTマーケットプレイス事業において連携を開始」

「コインチェックが大人気ゲーム「マインクラフト」内で利用可能なNFTの取扱いに向けEnjin(エンジン)と連携を開始」

「コインチェックがNFTと暗号資産(仮想通貨)を交換できる業界初のNFTマーケットプレイス立ち上げを検討」

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStocks/msan10)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

バイナンス、ドイツ、イタリア、オランダで先物とデリバティブ取引停止へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)がドイツ、イタリア、オランダの3か国において、先物・デリバティブ商品の提供を終了する予定であることを7月30日発表した。またバイナンスの公式Twitterによると3か国での対応以降、欧州地域でも同サービスの提供を終了するとしている

【7/30の話題】FabricVenturesのWeb3ファンドが120億円調達、バンクオブアメリカらパクソスに投資参加など(音声ニュース)

Fabric VenturesのWeb3.0特化ファンド、欧州投資基金らから約120億円調達、バンクオブアメリカ、コインベース、FTXがパクソスに投資参加、ペイパルCEO、暗号資産関連技術へ継続的に強い関心示す、大手資産運用企業ステート・ストリート、暗号資産のファンド管理サービス発表、草間彌生のNFTが中国オークションハウスで15.5億円で落札、米クラーケンにBadger DAO(BADGER)、Cartesi(CTSI)、Loopring(LRC)、Wrapped Bitcoin(WBTC)上場、アビスパ福岡、FiNANCiEでクラブトークン発行、イギリスで食品エコシステムのデジタル化目指すコンソーシアム「SecQuAL」発足、コインチェックがIEO銘柄「パレットトークン(PLT)」販売結果発表、申込金額244億円突破

Sponsored

バンクオブアメリカ、コインベース、FTXがパクソスに投資参加

暗号資産(仮想通貨)取引インフラやカストディサービスを提供するPaxos(パクソス)が約330億円(3億ドル)を調達したシリーズDラウンドにバンク・オブ・アメリカ(Bank of America)コインベース・ベンチャーズ(Coinbase Ventures)ファウンダーズ・ファンド(Founders Fund)暗号資産デリバティブ取引所FTXが新たに参加したことを7月29日に発表した。

米クラーケンにBadger DAO(BADGER)、Cartesi(CTSI)、Loopring(LRC)、Wrapped Bitcoin(WBTC)上場

米サンフランシスコ拠点の暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が暗号資産バッジャーダオ:Badger DAO(バッジャー:BADGER)、カルテシ:Cartesi(CTSI)、ループリング:Loopring(LRC)、ラップドビットコイン:Wrapped Bitcoin(WBTC)の4銘柄の上場を7月29日発表した。