(SBI e-Sports株式会社代表取締役社長小谷雅俊氏のコメント追記)SBIグループがSTOによる5,000万円の資金調達を10月30日に計画

SBIグループがSTOによる5,000万円の資金調達を10月30日に計画

SBIホールディングス株式会社が国内初となるセキュリティトークンオファリング(Security Token Offering:STO)に関連するビジネスをSBIグループとして開始することを10月9日に発表した。

またSBIホールディングスの子会社であるSBI e-Sports株式会社が2020年10月30日にSBIホールディングス株式会社を引受人としてSTOを用いた第三者割当増資を行う予定であることを発表している。SBI証券のユーザーが第三者割当増資に参加できる。

この第三者割当増資は5,000万円の資金調達を普通株式1,000株発行することで行われる。新たに発行する普通株式がデジタル株式となっていて、その管理を株式会社BOOSTRYが提供するブロックチェーン基盤「ibet」を用いて発行、管理、デジタル株式の権利の移転・株式名簿の更新が行われることとなる。

SBI証券では信託法や資産流動化法等に基づくファンド形式のSTOの公募の取扱いに関する業務を検討していて、取り扱うファンド型STOの投資先は、不動産、美術品、ゲームや映画の版権などの知的財産権等の資産を想定しているとプレスリリースに記載されている。

追記:10月13日15時40分

あたらしい経済編集部はSBI e-Sports株式会社の代表取締役社長を務める小谷雅俊氏へ取材を行った。

SBI e-Sports株式会社の代表取締役社長を務める小谷雅俊氏へ取材

ーなぜe-Sportsの領域からSTOによる資金調達を実行されようと考えたのでしょうか?

SBI e-Sportsは7月に事業を開始した新しい会社であり、事業拡大のためスピーディな資金調達のニーズがあったことからSBIグループでの株式STO第一号となりました。

当社は選手へのXRPでの報酬支払いの検討や、暗号資産交換業者であるSBI VCトレードとのスポンサー契約など、暗号資産分野での取り組みも進めており、 STOに親和性の高い事業内容やステークホルダーを有していることも第一号となった主たる理由です。

また、当社が手掛けるeスポーツに興味を持つ若者は、まさにデジタルネイティブ世代と重なり、そのような世代へ、次世代の資金調達手段である STOの認知を拡大できることも期待しております。

編集部のコメント

SBIホールディングスは2020年7月22日にBOOSTRYへ資本参加し、セキュリティトークン事業の推進に関する基本合意書を締結していました。SBIの資本参加によってBOOSTRYの出資比率は野村HD56%、NRI34%、SBI10%となりました。

また2020年3月31日にはNRIが社債の発行体として第1回無担保社債(デジタルアセット債)と第2回無担保社債(デジタル債)を発行したことを発表しています。

このようにSTOを検討する場合、日本ではBOOSTRYを基盤として発行するケースが目立っております。また2020年5月26日には富士通とBOOSTRYが共同でブロックチェーン基盤のビジネスモデル構築の検討開始したことを発表しており、ますますその動きは加速していくのではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/nisaul-khoiriyah)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

LIFULLらが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施、FRB議長が中銀デジタル通貨に関して言及などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表、FRB議長が中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関して言及「早い導入よりも正しい導入が重要」、米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求、ブロックチェーンコンテンツの未来を考える無料オンラインイベント「Tokyo Blockchain Contents Conference 2020」が10月23日開催、「BlockChainJam2020」が10月24日に無料オンラインイベントとして開催

米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求

金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が銀行秘密保護法(BSA)とその施行規則に違反したとして、暗号資産の資金洗浄・ミキシングサービスを提供するヘリックス(Helix)とコイン・ニンジャ(Coin Ninja)の創設者兼管理者のラリー・ディーン・ハーモン(Larry Dean Harmon)氏へ約63億ドル(6,000万ドル)の民事上のペナルティを課したことを10月19日に発表した。 ミキシングサービスとはウォレット内の暗号資産のトランザクションを分けることで匿名性を高めるサービスのこと。

(エンジョイワークス執行役員小川広一郎氏のコメント追記)LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表

デジタル証券の発行・管理プラットフォームを提供するセキュリタイズ・ジャパン(Securitize Japan)と不動産・情報サイトLIFULL HOME'S等の住生活関連サービスを提供するライフル(LIFULL)が「葉山の古民家宿づくりファンド」を国内初の一般個人投資家向け不動産セキュリティートークンオファリング(Security Token Offering:STO)として実施することを発表した。

米VCが2020第3Qに暗号資産とBCスタートアップへ約956億円投資、EveripediaとChainlinkがAP通信の米大統領選データをBC上で記録可能になどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米ベンチャーキャピタルが2020年第3四半期に暗号資産・ブロックチェーン領域のスタートアップへ約956億円を投資、分散型情報キュレーションサービスEveripediaと分散型オラクルChainlinkが連携しAP通信社の米国大統領選のデータをブロックチェーン上で記録可能に、前澤友作氏の電子決済新事業に暗号資産(仮想通貨)取引所ディーカレットCTO白石陽介氏が参画か

分散型情報キュレーションサービスEveripediaと分散型オラクルChainlinkが連携しAP通信社の米国大統領選のデータをブロックチェーン上で記録可能に

EOSブロックチェーン上の分散型アプリケーションサービス(Dapps)エブリペディア(Everipedia)が分散型オラクルネットワークを提供するチェインリンク(Chainlink)と協力し、アメリカ国内の放送局や新聞社の協同組合であるAP通信が報道するアメリカ大統領選挙結果をブロックチェーン上に記録できるようにすることを10月16日に発表した。