国際商業会議所(ICC)がデジタルスタンダードイニシアチブ(DSI)の運用開始を発表

国際商業会議所(ICC)がデジタルスタンダードイニシアチブ(DSI)の運用開始を発表

国際商業会議所(International Chamber of Commerce / ICC)がデジタル・スタンダード・イニシアチブ(Digital Standards Initiative / DSI)の運用開始を発表した。なおDSIはICCのシンガポールハブによって運営されるとのこと。

あわせてICCはDSIのマネージングディレクターにOswald Kuyler(オズワルド・カイラー)氏を任命した。カイラー氏は世界最大の総合鉱業会社であるBHP社からICCに入社し、ブロックチェーン技術、貿易金融における電子文書化、データ分析、プロセスの自動化など、さまざまな分野のイニシアチブを率いてきた実績を持つ。

DSIは世界的に調和がとれたデジタル化された貿易環境を確立するという野心的な目標に向かって活動していくとのこと。

ICCは「パンデミックの影響で職場でのデジタル技術の採用が加速していますが、貿易関連プロセスのデジタル化には大きな障壁が残っています。時代遅れの規制環境では国境を越えて取引を行う際には、現地の法的要件を満たすためにハードコピーの文書を使用しなければならないことが多く、また業界のイニシアティブがサイロ化されており、互換性がないことが多いためにコストがかかることから、中小・零細企業がデジタルシステムを採用するのは難しいとされています」と現状の課題について言及している。

ICCの事務局長を務めるJohn W.H. Denton AO(ジョン・デントン)氏は「新型コロナウイルスは紙ベースのプロセスに依存した世界貿易の本質的な脆弱性を明らかにしました。危機からの回復力のある再建は、グローバルな貿易エコシステムの全面的なデジタル化の上に築かれなければなりませんが、このプロセスを推進するには、DSIが他に類を見ない立場にあると私たちは考えています。多くの中小企業がパンデミックの影響を乗り切るのに苦労している中、デジタル技術がグローバル市場へのアクセスを真に民主化できるようにするためには、DSIの下でパートナーとの作業を加速させることが絶対的に必要だと考えています」コメントしている。 

Asian Development Bank(アジア開発銀行)でサプライチェーン・ファイナンス部長を務めるSteven Beck(スティーブン・ベック)氏は「デジタル化は、雇用、開発、繁栄を生み出すグローバルな貿易とサプライチェーンを強化するために不可欠です。アジア開発銀行はこの重要な目標を達成するために必要なデジタル基準とプロトコルを作成するために、ICCおよびシンガポール政府とパートナーを組むことができ、大変喜ばしく思っています」とコメントしている。

編集部のコメント

発表文によるとDSIは130カ国以上のICCのネットワークを通じた業界団体、企業、技術専門家とのオープンで包括的な協議を通じて、また主要な国際機関や政府とのパートナーシップを通じて展開されていくとのことです。営利目的でないグローバルコンソーシアムがデジタル化の動きを促進させることは非常に意義深いことだと考えられます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock/Jackie-Niam)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州中央銀行がステーブルコインのリスク指摘、業界有識者らFinCEN文書を非難、アモニカブランズのゲームがダッパーラボのBCフロウに移行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州中央銀行(ECB)がステーブルコインのリスクを指摘、暗号資産業界の有識者らが「フィンセン(FinCEN)文書」を非難、アモニカブランズのゲームタイトルがダッパーラボの独自ブロックチェーンフロウに移行、米CIAがブロックチェーンなどの新技術の開発研究をする「CIAラボ」設立

アモニカブランズのゲームタイトルがダッパーラボの独自ブロックチェーンフロウに移行

中国香港を拠点とするゲーム開発会社アモニカブランズ(Animoca Brands)が同社が提供するゲームタイトル「スターガール(Star Girl)」を、ブロックチェーン開発企業であるダッパーラボ(Dapper Labs)の独自ブロックチェーン「フロウ(Flow)」に移行することを9月22日発表した。またアモニカブランズは「フロウ」にて「MotoGP™」をテーマにしたブロックチェーンゲームをリリースすることも併せて発表した。

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社のCEOを発表、日本損害保険協会とNECがブロックチェーン技術の共同検証開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社リブラネットワークスのCEOを発表、一般社団法人日本損害保険協会とNECが共同保険の事務効率化を目的にブロックチェーン技術の共同検証開始、米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携、LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。