米デジタル資産運用企業Cred(クレド)がVisaのFintech Fast Track Programへの参加を発表

米デジタル資産運用企業Cred(クレド)がVisaのFintech Fast Track Programへの参加を発表

米デジタル資産運用企業のCred(クレド)がVisaのFintech Fast Track Program(フィンテックファストトラックプログラム)に参加し、決済イノベーションを実現していくことを発表した。

CredはFintech Fast Track Programへ参加することで、Visaが提供しているサービスやセキュリティシステムをより簡単に活用することができようになるとのこと。

このプログラムを活用して、Credは具体的にVisaのネットワークを介して顧客の銀行口座に直接利息の支払いを送ること、顧客が暗号資産を清算することなくクレジットラインにアクセスできるCrypto Line of Credit (C-LOC)カードを発行すること、Visaの決済商品を使用してデジタル資産を簡単に取得することなどを予定している。

CredのCEO兼共同創業者であるDan Schatt(ダン・シャット)氏は「Visaのプログラムへ参加することで、公正な金融サービスを提供するというCredのミッションをさらに強化し、可能な限り効率的な方法で貸し出し・借り入れサービスを拡大していくことができます。Credは常に伝統的な銀行業務とブロックチェーンベースの金融サービスの架け橋としての役割を果たしてきましたが、Visaとの直接的な関係を持つことで、デジタル資産の貸し出しで発生している大きな成長をサポートするために、より迅速に規模を拡大することが可能になります」とコメントしている。

VisaのCrypto部門の責任者であるCuy Sheffield(カイ・シーフィールド)は「デジタル通貨ウォレットの優先ネットワークとしてCredのような革新的なフィンテック企業がVisaのネットワークの価値を活用できるよう支援できることを大変嬉しく思います。Fintech Fast Track Programを通じて、Visaの専門家、技術、リソースを利用して効率的に規模を拡大できるようCredをサポートすることができます」とコメントしている。

編集部のコメント

Visaのウェブサイトによると、Fintech Fast Track Programはフィンテック企業やスタートアップ企業の支援を目的としたVisaプログラムの中のプロジェクトの1つのようです。このプログラムへ参加した企業は、約4週間でVisaのグローバルネットワークに参加可能の状態になるとのこと。このプログラムを通してVisaはフィンテック企業へ投資、パートナーシップ締結の機会を生み出しているようです。なお日本企業では2019年にバンドルカードを提供する企業「カンム」がFintech Fast Track Programへ参加しております。

そして2020年9月1日に株式会社オリエントコーポレーション、株式会社クレディセゾン、すみしんライフカード株式会社、三井住友カード株式会社の4社がプログラムへ参加したことを発表しています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock/inkoly・Zapp2Photo)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州中央銀行がステーブルコインのリスク指摘、業界有識者らFinCEN文書を非難、アモニカブランズのゲームがダッパーラボのBCフロウに移行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州中央銀行(ECB)がステーブルコインのリスクを指摘、暗号資産業界の有識者らが「フィンセン(FinCEN)文書」を非難、アモニカブランズのゲームタイトルがダッパーラボの独自ブロックチェーンフロウに移行、米CIAがブロックチェーンなどの新技術の開発研究をする「CIAラボ」設立

アモニカブランズのゲームタイトルがダッパーラボの独自ブロックチェーンフロウに移行

中国香港を拠点とするゲーム開発会社アモニカブランズ(Animoca Brands)が同社が提供するゲームタイトル「スターガール(Star Girl)」を、ブロックチェーン開発企業であるダッパーラボ(Dapper Labs)の独自ブロックチェーン「フロウ(Flow)」に移行することを9月22日発表した。またアモニカブランズは「フロウ」にて「MotoGP™」をテーマにしたブロックチェーンゲームをリリースすることも併せて発表した。

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社のCEOを発表、日本損害保険協会とNECがブロックチェーン技術の共同検証開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社リブラネットワークスのCEOを発表、一般社団法人日本損害保険協会とNECが共同保険の事務効率化を目的にブロックチェーン技術の共同検証開始、米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携、LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。