Huawei(ファーウェイ)と北京市がブロックチェーンを活用し都市インフラシステムを開発

Huawei(ファーウェイ)と北京市がブロックチェーンを活用し都市インフラシステムを開発

Huawei(ファーウェイ)と北京市政府が共同で都市インフラのブロックチェーンソリューションを開発したこと中国メディア「Jintai Newsが報じた。 

この取り組みはブロックチェーン技術に基づいた政府のデータ交換ガバナンスに焦点を当てた中国国内初のトライアルプロジェクトとのことだ。このブロックチェーンインフラは北京市民の公共サービス利用時の事務処理などの複雑なプロセスを改善するとのことそして政府サービスのレベルを向上させ、ビジネス環境の最適化を支援するとのことだ。

今後もこのブロックチェーンシステムは、公共サービスの分野におけるブロックチェーンの適用を精力的に推進し、政府サービスのデータ共有と業務調整のさらなる効率化、「プログラマブル・ガバメント」の開発促進、「インターネット・ガバメント・サービス」の推進、政府のデジタル・トランスフォーメーションの支援、政府の管理方法の革新に利用されるとのこと。

このインフラは具体的に路上駐車問題の解決、新型コロナウイルスに関連する医療従事プロセスの効率化、不動産登記プロセスの効率化に利用していく予定とのことだ。

編集部のコメント

2019年から北京市政府はブロックチェーンシステムの構築に注力してきていて、市の50の部門の様々な部門間のデータを効率的かつ協調的に結びつけ、政府間のデータ共有権限と管理を開放し、市のビッグデータの収束と共有を進めています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

images:(iStock/antoniokhr・yewkeo)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/7話題】バイナンスチェーンが一時停止、フルグルがDiamond Hands支援など(音声ニュース)

バイナンススマートチェーンが停止、ブリッジのハッキング被害額1.1億ドル、【取材】ビットコイン基盤でスマコン実現目指す、フルグルがDiamond Hands支援、【取材】LINEやOasys参加、ミシカルゲームズが財団と独自トークン「MYTH」とDAO発表、MakerDAO、DAIの裏付け資産5億ドル分を米国債・社債に投資へ、暗号資産カストディXalts、シティやポリゴン創業者らから約8.7億円調達、ポリゴン(MATIC)が海洋保護団体「OCEEF」と提携、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業ライセンス取得、ダッパーラボ、スペイン「ラリーガ」のNFTプラットフォーム「リーガ・ゴラッソ」β版ローンチ、ニアプロトコル(NEAR)、グーグルクラウドと提携、Bリーグ「香川ファイブアローズ」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored