Huawei(ファーウェイ)と北京市がブロックチェーンを活用し都市インフラシステムを開発

Huawei(ファーウェイ)と北京市がブロックチェーンを活用し都市インフラシステムを開発

Huawei(ファーウェイ)と北京市政府が共同で都市インフラのブロックチェーンソリューションを開発したこと中国メディア「Jintai Newsが報じた。 

この取り組みはブロックチェーン技術に基づいた政府のデータ交換ガバナンスに焦点を当てた中国国内初のトライアルプロジェクトとのことだ。このブロックチェーンインフラは北京市民の公共サービス利用時の事務処理などの複雑なプロセスを改善するとのことそして政府サービスのレベルを向上させ、ビジネス環境の最適化を支援するとのことだ。

今後もこのブロックチェーンシステムは、公共サービスの分野におけるブロックチェーンの適用を精力的に推進し、政府サービスのデータ共有と業務調整のさらなる効率化、「プログラマブル・ガバメント」の開発促進、「インターネット・ガバメント・サービス」の推進、政府のデジタル・トランスフォーメーションの支援、政府の管理方法の革新に利用されるとのこと。

このインフラは具体的に路上駐車問題の解決、新型コロナウイルスに関連する医療従事プロセスの効率化、不動産登記プロセスの効率化に利用していく予定とのことだ。

編集部のコメント

2019年から北京市政府はブロックチェーンシステムの構築に注力してきていて、市の50の部門の様々な部門間のデータを効率的かつ協調的に結びつけ、政府間のデータ共有権限と管理を開放し、市のビッグデータの収束と共有を進めています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

images:(iStock/antoniokhr・yewkeo)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。