Defiプロトコル開発企業Uniswapがa16zなどから1,100万ドル(約11億6,200万)の資金調達

Defiプロトコル開発企業Uniswapがa16zなどから1,100万ドル(約11億6,200万)の資金調達

Defi(分散型金融)プロトコルを開発・運営するUniswap(ユニスワップ)が、a16z(アンドレセン・ホロウィッツ)が主導するシリーズAの資金調達で1,100万ドル(約11億6,200万)を調達したことを発表した。

このシリーズAラウンドには、Union Square Ventures、Paradigm、Version One、Variant、Parafi Capital、SV Angel、A.Capitalらも参加している。

シリーズAでの資金調達の目的は、Uniswap V3を構築するためにチームを成長させ、プロトコルの柔軟性と資本効率を飛躍的に向上させることのようだ。

Uniswap V3に関して具体的な構想は明らかになっていないが、数ヶ月以内にデザインをEthereumコミュニティに発表するとブログに書かれている。

編集部のコメント

Uniswapは実際にこの1ヶ月間に記録的な成長を遂げています。例えば6月20日から7月20日の間に、取引量は620万ドルから4370万ドルへと7倍に増加しています。人気の理由としてUniswapV2では、取引価格に関するオラクル問題対策を行なっているからです。今の金融市場とは異なる方法で、金融の安定性を高めていっている点が、非常に面白いです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

images::iStock/antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/7話題】バイナンスチェーンが一時停止、フルグルがDiamond Hands支援など(音声ニュース)

バイナンススマートチェーンが停止、ブリッジのハッキング被害額1.1億ドル、【取材】ビットコイン基盤でスマコン実現目指す、フルグルがDiamond Hands支援、【取材】LINEやOasys参加、ミシカルゲームズが財団と独自トークン「MYTH」とDAO発表、MakerDAO、DAIの裏付け資産5億ドル分を米国債・社債に投資へ、暗号資産カストディXalts、シティやポリゴン創業者らから約8.7億円調達、ポリゴン(MATIC)が海洋保護団体「OCEEF」と提携、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業ライセンス取得、ダッパーラボ、スペイン「ラリーガ」のNFTプラットフォーム「リーガ・ゴラッソ」β版ローンチ、ニアプロトコル(NEAR)、グーグルクラウドと提携、Bリーグ「香川ファイブアローズ」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored