UAEが政府主導でUAE Blockchain KYC Platformの稼働開始を発表

UAEが政府主導でUAE Blockchain KYC Platformの稼働開始を発表

ドバイ経済開発省とEmirates NBD(エミレーツNBD)が、UAE Blockchain KYC Platformの稼働を開始させたことを発表した。

UAE Blockchain KYC Platformの稼働を開始したのは、ライセンス機関と銀行間でデータを共有できるようにし、新規顧客のオンボーディングを迅速化することを目的としているとのこと。これによって顧客はKYCデータを自分で入力する必要がなくなるとのことだ。

なおこのKYCプラットフォームのインフラはHyperledger Fabricで構築されている。そしてノード間のデータ共有は、KYCソリューション専門企業norblockが開発したp2pプロトコルが利用されている。norblockのp2pプロトコルは、UAE規制当局の規制に準拠した形でのデータ共有を可能にしている。

Emirates NBDはすでに120社を新規顧客として迎え入れ、UAE Blockchain KYC Platformを稼働させているとのことだ。2020年第2Qにプラットフォーム参加者は登録当局から直接20万人分の顧客のKYCデータへのシームレスなアクセスを可能になるタイムスケジュールが組まれているとのこと。

ドバイ経済開発省の事業登録・ライセンスセクターのCEOを務めるOmar Bushahab(オマール・ブシャハブ)氏は「これは金融機関によるKYCデータの共有と企業の即時デジタルオンボーディングのためのUAE全体のエコシステムを確立する上で重要なマイルストーンとなります。これはデジタル化とペーパーレス化を中心とした政府のビジョンに沿ったものであり、特に今のような困難な時代においても、継続と持続を可能にする重要な戦略であり、国内でのビジネスのしやすさをより向上させます」とコメントしている。

エミレーツNBDのグループ最高執行責任者であるAbdulla Qassem(アブドゥラ・カセム)氏は「エミレーツNBDはアラブ首長国連邦の銀行グループとして初めて、ドバイ経済開発省と提携し、UAE Blockchain KYC Platformを利用できるようになったことを大変思っています。エミレーツNBDはUAEの経済に重要な貢献をしている地元の中小企業やスタートアップ企業を支援しており、中小企業のお客様がE20 Digital Business Bankアプリを使って即座に口座を開設できるようにした最初のユースケースを発表できることを誇りに思います。この先進的なソリューションは、エミレーツNBDとエミレーツ・イスラムの両方をカバーする複数のユースケースで、お客様がビジネスに集中できるように、銀行業務をよりシンプルにするという私たちの共通のコミットメントと一致しています」とコメントしている。

norblockのCEOであるAstyanax Kanakakis(アストヤナックス・カナカキス)氏は「UAEはデータ共有のために国を挙げてブロックチェーンベースのエコシステムを導入した世界で最初の国の1つです。ドバイ経済開発省、エミレーツNBDなどの大手金融機関、ドバイ政府、UAE政府のこのイニシアチブへのコミットメントは、積極的で野心的な考え方を示しており、UAEをアフターコロナの環境でビジネスが成功し続けることを保証する簡素化されたプロセスを備えたデジタル経済の構築に向けた重要な措置を講じている最初の国の1つとして位置づけています」とコメントしている。

編集部のコメント

UAE Blockchain KYC Platformを開発・運用するイニシアチブは、ブロックチェーンベースのKYCソリューションを提供する企業norblockが主となっています。このイニシアチブは2020年2月に発表されました。このプロジェクトはドバイをスマートシティー化する目的を持つ政府機関Smart DubaiとUAE中央銀行によって全面的にサポートされています。今後イニシアチブに参加しているドバイ商業銀行、HSBCなどもこのプラットフォームを本稼働をさせる予定とのことです。UAEのように国を挙げてブロックチェーンベースのKYCプラットフォームを本番運用させた事例は、他国へ大きな影響を与えるのではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

images::iStock/Vit_Mar・Graficaprint)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ

マスターカード(Mastercard)が、バックト(Bakkt)と提携し、銀行や加盟企業向けに、暗号資産関連サービスを導入できるソリューション(CaaS:Crypto-as-a-Service)を提供していくことが10月25日に発表された。バックトは米インターコンチネンタル取引所(ICE)の子会社であるデジタル資産サービス企業で、今月18日にティッカーシンボル「BKKT」でニューヨーク証券取引所に上場したばかりだ。