リップル社が新しいP2P決済プラットフォームのベータ版をローンチ

リップル社が新しいP2P決済プラットフォームのベータ版をローンチ

米リップル社が暗号資産(仮想通貨)XRPの決済プラットフォーム「Payburner(ペイバーナー)」のベータ版をローンチしたことを、同社のプロダクト部門ディレクターであるCraig DeWitt(クレイグ・デウィット)氏が自身のMediumにて7月25日に発表した。

「Payburner」はXRP用のグローバルなP2P決済を実現する決済プラットフォームであり、ウォレット機能・ブラウザプラグイン機能・送金機能・送金リクエスト機能・ID検索機能などを備える予定ということだ。

Payburnerユーザーはアカウントを作成し、自分の「Payburner」にXRPを送ることでXRPのウォレットとして使うことができる。

またPayburnerユーザーは、他のPayburnerユーザーまたはPayID(リップル社が規定するユニバーサルな送金用ID)を持つユーザーにワンタッチで直接XRPを送ることが可能になる。さらにPayburnerユーザーに対して送金リクエストを送ることもできるとのこと。

「Payburner」はPayIDを利用したID検索機能も実装予定であり、これによりTwitterのようにユーザーを検索し、送金を行うことができるようになるとのことだ。

「Payburner」ではEコマースでの利用も可能で、店舗側は自身のウェブサイトにPayburnerボタンを簡単に実装し、XRP支払いを受け付けることができる。この場合、売り手はXRPによる支払いに対して1%の手数料をリップル社に支払う必要があるとのこと。

なお「Payburner」は現時点でChrome(クローム)ブラウザ、もしくはBrave(ブレイブ)ブラウザにプラグイン可能である。

編集部のコメント

これまで暗号資産を用いたプロダクトの設計に関しては、技術がわかる人が使えればいいという印象が強く、ユーザーフレンドリーな設計はそこまで重視されていませんでした。しかし、今回発表された「Payburner」や先日リップル社によって発表されたPayIDなどは「ユーザーがとにかく簡単に実装できて、ワンクリックで送金できる」ことを第一に考えたデザインになっており、暗号資産を用いた決済の立ち位置が徐々にリアルな経済に近づいているように感じます。

ただし一方で「Payburner」のIDとパスワードは、ユーザーのローカル環境での管理となります。これはハッキングなどの被害を受けるリスクは低いもののユーザーの負担は大きいものと考えられます。ユーザーフレンドリーであることと、セキュリティ面を両立することが「Payburner」の今後の課題であると思います。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/antoniokhr・AliseFox・liuzishan)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

クラーケンが22年に直接上場を検討、ジェシー・パウエルCEOが言及

米サンフランシスコ州に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が2022年に株式上場の検討をしていることが明らかになった。このことは米ニュースメディアCNBCがクラーケンのCEOであるジェシー・パウエル(Jesse Powell)にインタビューを行い4月8日に報じた内容だ

ロシアのデジタルルーブル、Immutable Xメインネットローンチなどのニュース解説ラジオ

米ステートストリート、ホールセール向けデジタル通貨プラットフォームを2021年半ばに正式稼働ロシア中央銀行幹部、デジタルルーブルを2023年にローンチを示唆、NFTソリューションImmutable X Alpha、メインネットローンチ、中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当、住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ、三井トラストがデジタル戦略の新会社設立、デジタル証券などの新規事業創出へ、暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加、クリプトゲームスがエンジンと提携、Enjin MarketplaceでバーチャルアーティストのNFTを販売へ

暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加

リップル、CoinShares、ConsenSys、国連気候変動枠組条約気候チャンピオンなどが協業し、ブロックチェーンと暗号資産におけるサステナビリティの取り組み推進のため「Crypto Climate Accord(暗号資産気候協定)」発足を発表した。特に脱炭素化に向けて取り組みを行う。

住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ

住信SBIネット銀行株式会社と米DLTグローバル(DLT Global Inc.)の子会社DLT Labs Japan Incorporated(DLT Labs)が共同でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューションを日本国内にて提供する契約を締結したことを4月8日発表した。