リップル社が新しいP2P決済プラットフォームのベータ版をローンチ

リップル社が新しいP2P決済プラットフォームのベータ版をローンチ

米リップル社が暗号資産(仮想通貨)XRPの決済プラットフォーム「Payburner(ペイバーナー)」のベータ版をローンチしたことを、同社のプロダクト部門ディレクターであるCraig DeWitt(クレイグ・デウィット)氏が自身のMediumにて7月25日に発表した。

「Payburner」はXRP用のグローバルなP2P決済を実現する決済プラットフォームであり、ウォレット機能・ブラウザプラグイン機能・送金機能・送金リクエスト機能・ID検索機能などを備える予定ということだ。

Payburnerユーザーはアカウントを作成し、自分の「Payburner」にXRPを送ることでXRPのウォレットとして使うことができる。

またPayburnerユーザーは、他のPayburnerユーザーまたはPayID(リップル社が規定するユニバーサルな送金用ID)を持つユーザーにワンタッチで直接XRPを送ることが可能になる。さらにPayburnerユーザーに対して送金リクエストを送ることもできるとのこと。

「Payburner」はPayIDを利用したID検索機能も実装予定であり、これによりTwitterのようにユーザーを検索し、送金を行うことができるようになるとのことだ。

「Payburner」ではEコマースでの利用も可能で、店舗側は自身のウェブサイトにPayburnerボタンを簡単に実装し、XRP支払いを受け付けることができる。この場合、売り手はXRPによる支払いに対して1%の手数料をリップル社に支払う必要があるとのこと。

なお「Payburner」は現時点でChrome(クローム)ブラウザ、もしくはBrave(ブレイブ)ブラウザにプラグイン可能である。

編集部のコメント

これまで暗号資産を用いたプロダクトの設計に関しては、技術がわかる人が使えればいいという印象が強く、ユーザーフレンドリーな設計はそこまで重視されていませんでした。しかし、今回発表された「Payburner」や先日リップル社によって発表されたPayIDなどは「ユーザーがとにかく簡単に実装できて、ワンクリックで送金できる」ことを第一に考えたデザインになっており、暗号資産を用いた決済の立ち位置が徐々にリアルな経済に近づいているように感じます。

ただし一方で「Payburner」のIDとパスワードは、ユーザーのローカル環境での管理となります。これはハッキングなどの被害を受けるリスクは低いもののユーザーの負担は大きいものと考えられます。ユーザーフレンドリーであることと、セキュリティ面を両立することが「Payburner」の今後の課題であると思います。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/antoniokhr・AliseFox・liuzishan)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

東海東京フィナンシャルらがデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億円出資、深圳市がデジタル人民元の3度目のテスト計画、NEM流出事件31人検挙などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

東海東京FHDが率いるコンソーシアムが、シンガポールのデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億4,000万円出資、中国深圳市がデジタル人民元の3度目のテストを計画(発行額:約3億2,000万円)、コインチェック仮想通貨ネム(NEM/XEM)流出事件、31人を検挙、マネックスグループがESG金融事業開始を発表、ロシア大手銀行スベルバンクが独自デジタル通貨発行に向け中央銀行に申請、ロシア地方裁がバイナンス(Binance)のウェブサイトのブロック解除決定

東海東京FHDが率いるコンソーシアムが、シンガポールのデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億4,000万円出資

東海東京フィナンシャル・ホールディングス(東海東京FHD)株式会社のシンガポール現地法人の東海東京グローバル・インベストメンツは、シンガポールのデジタル証券取引所であるiSTOXを運営するICHX Tech(ICHX社)のシリーズAの延長として、シリーズA2に参加したことを1月21日に発表した。

コインチェック仮想通貨ネム(NEM/XEM)流出事件、31人を検挙

2018年に発生した暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)が暗号資産取引所コインチェックから流出した一連の事件において、ネムの不正な交換に応じたとみられる31人が警視庁により組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で逮捕や書類送検されたことが、1月22日共同通信など報道各社が報じた

ロシア地方裁がバイナンス(Binance)のウェブサイトのブロック解除決定

ロシアの地方裁判所が、ロシア地域において大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のウェブサイトがブロックされている件について、バイナンスの訴えを受け、そのブロックを取り消すことを1月20日に決定した。このことをロシア現地メディアが21日報じた

ブラックロックがビットコイン投資へ、フランス銀行が中銀デジタル通貨実験成功、湘南ベルマーレにて国内初のクラブトークン発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米アセマネ大手ブラックロックが一部ファンドでビットコイン投資へ、タイ証券取引所が2021年後半にデジタル資産取引プラットフォームをローンチか、フランス銀行が中央銀行デジタル通貨実験にて200万ユーロ(約2億5,000万円)の決済に成功、国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)、日本銀行が来年春に中央銀行デジタル通貨実証実験の第二段階開始か、次世代分散型ブラウザBrave(ブレイブ)にIPFSプロトコルのサポート追加

国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、プロサッカーチーム「湘南ベルマーレ」のプロサッカークラブトークンの発行を1月21日発表した。なおクラブトークンの発行は今回の湘南ベルマーレとフィナンシェにおけるプロジェクトがプロサッカーチーム国内初の事例となる