(LayerX執行役員中村龍矢氏取材コメントあり)LayerXが行政機関・中央銀行・学術機関・民間企業との共同研究実施のため「LayerX Labs」を開設

LayerXが行政機関・中央銀行・学術機関・民間企業との共同研究実施のため「LayerX Labs」を開設

日本のブロックチェーンスタートアップLayerX社が、デジタル通貨、スマートシティ、パブリックブロックチェーンの3つを研究開発の柱に据えたLayerX Labs(レイヤーエックス・ラボ)を8月1日に開設することを発表。LayerX Labsの所長は同社執行役員の中村龍矢氏が務める。

LayerX Labs設立の目的は、同社がこれまでブロックチェーンの社会実装のために手がけてきた様々なプロジェクトを通して培ってきた知見を行政機関・中央銀行等・学術機関および民間企業に共有し、ブロックチェーンに関する共同研究を促進させて社会実装を加速させることとのこと。

LayerX Labsは、行政機関・中央銀行等・学術機関および民間企業との共同研究、基礎技術研究として学術論文の執筆やオープンソースコミュニティへの貢献、外部識者を招聘したアドバイザリーボードの設置、ホワイトペーパーやニュースレター等を通じた研究成果の発信を行っていくとのこと。

あたらしい経済は、LayerX執行役員中村氏へ取材を行った。

LayerX執行役員中村龍矢氏へ取材

ー現状LayerX社はコンソーシアムチェーンを軸にビジネス展開されていると思いますが、パブリックチェーンに関する研究開発を続けていく確固たる理由は、どのようなところにありますか

パブリックチェーンとCBDC・スマートシティなどは、経済のデジタル化に必要なインフラを作る上で、Cryptoeconomics (暗号資産によるインセンティブ設計) が支えるのか、国や中銀、もしくは企業のコンソーシアムが運営するのかのアプローチの違いだと思っています。

根本的に違うことをやってるつもりはなく、両方に取り組むのは割と自然な発想だと思っています。

また、パブリックチェーンはいろいろな分野から才能を集めていて、最先端の技術が生まれる創造的なコミュニティになっているので、そこにコミットし続けることで会社の技術力を磨きたいという狙いがあります。

逆に、オープンソースの技術を使って自分たちはビジネスをしている分、自分たちで作った技術を還元したいと考えています。ここは会社の行動指針である「徳」に強く影響を受けた活動だと思います。

編集:竹田匡宏(あたらしい経済)

images:(nisaul-khoiriyah・graphicnoi)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ

マスターカード(Mastercard)が、バックト(Bakkt)と提携し、銀行や加盟企業向けに、暗号資産関連サービスを導入できるソリューション(CaaS:Crypto-as-a-Service)を提供していくことが10月25日に発表された。バックトは米インターコンチネンタル取引所(ICE)の子会社であるデジタル資産サービス企業で、今月18日にティッカーシンボル「BKKT」でニューヨーク証券取引所に上場したばかりだ。

博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始

「Japan Contents Blockchain Initiative(ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ:JCBI)が一般社団法人化したことと、コンテンツ企業向けのウォレットアドレスとコントラクトアドレスの認定事業を開始したことを10月26日発表した