(LayerX執行役員中村龍矢氏取材コメントあり)LayerXが行政機関・中央銀行・学術機関・民間企業との共同研究実施のため「LayerX Labs」を開設

LayerXが行政機関・中央銀行・学術機関・民間企業との共同研究実施のため「LayerX Labs」を開設

日本のブロックチェーンスタートアップLayerX社が、デジタル通貨、スマートシティ、パブリックブロックチェーンの3つを研究開発の柱に据えたLayerX Labs(レイヤーエックス・ラボ)を8月1日に開設することを発表。LayerX Labsの所長は同社執行役員の中村龍矢氏が務める。

LayerX Labs設立の目的は、同社がこれまでブロックチェーンの社会実装のために手がけてきた様々なプロジェクトを通して培ってきた知見を行政機関・中央銀行等・学術機関および民間企業に共有し、ブロックチェーンに関する共同研究を促進させて社会実装を加速させることとのこと。

LayerX Labsは、行政機関・中央銀行等・学術機関および民間企業との共同研究、基礎技術研究として学術論文の執筆やオープンソースコミュニティへの貢献、外部識者を招聘したアドバイザリーボードの設置、ホワイトペーパーやニュースレター等を通じた研究成果の発信を行っていくとのこと。

あたらしい経済は、LayerX執行役員中村氏へ取材を行った。

LayerX執行役員中村龍矢氏へ取材

ー現状LayerX社はコンソーシアムチェーンを軸にビジネス展開されていると思いますが、パブリックチェーンに関する研究開発を続けていく確固たる理由は、どのようなところにありますか

パブリックチェーンとCBDC・スマートシティなどは、経済のデジタル化に必要なインフラを作る上で、Cryptoeconomics (暗号資産によるインセンティブ設計) が支えるのか、国や中銀、もしくは企業のコンソーシアムが運営するのかのアプローチの違いだと思っています。

根本的に違うことをやってるつもりはなく、両方に取り組むのは割と自然な発想だと思っています。

また、パブリックチェーンはいろいろな分野から才能を集めていて、最先端の技術が生まれる創造的なコミュニティになっているので、そこにコミットし続けることで会社の技術力を磨きたいという狙いがあります。

逆に、オープンソースの技術を使って自分たちはビジネスをしている分、自分たちで作った技術を還元したいと考えています。ここは会社の行動指針である「徳」に強く影響を受けた活動だと思います。

編集:竹田匡宏(あたらしい経済)

images:(nisaul-khoiriyah・graphicnoi)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

楽天ヨーロッパとチリーズ提携、スノーデン氏NFTオークション開催などのニュース解説ラジオ

楽天ヨーロッパとチリーズ(Chiliz)提携、楽天ポイントとファントークン交換可能に、エドワード・スノーデン氏、NFTオークション開催へ、損害保険料のビットコイン払い対応、大手保険会社アクサ・スイス、米国最古のワインショップ、ビットコインやイーサなどにて支払いが可能に、【取材】HashHubレンディング、BitGoウォレットとカストディを採用(代表取締役CEO平野淳也)、コインベース株2億4600万ドル相当を購入、アーク・インベストメント・マネジメント、バイナンス、コインベース株式トークンの取引開始、イーサリアムの大型アップグレード「ベルリン」完了、テゾス(Tezos)でセキュリティトークン発行、仏大手銀行ソシエテ・ジェネラル、現代アートグローバルプラットフォームのTRiCERA(トライセラ)、ZoraおよびCurvegridと提携、エイベックス・テクノロジーズがNFT事業に本格参入、シードVC「NOW」が最大100億円規模の2号ファンド設立、ブロックチェーン領域への投資も検討

現代アートグローバルプラットフォームのTRiCERA(トライセラ)、ZoraおよびCurvegridと提携

グローバルアートマーケットプレイス TRiCERA ART(トライセラアート)を運営する株式会社TRiCERAが、ブロックチェーンソフトウェア企業であるCurvegrid社、 NFTマーケットプレイスを運営するZoraと技術パートナーシップを締結したことを4月16日発表した。このパートナーシップ締結によりTRiCERA ARTにNFTの取引機能を統合する。これによりTRiCERAはアーティストの利益を最大化する市場構造を創出していくとのこと。

エイベックス・テクノロジーズがNFT事業に本格参入

エイベックス・テクノロジーズ株式会社がNFT事業に本格参入することを4月16日発表した。このことはIPホルダーの著作権等の権利の保護とデジタルコンテンツの流通を目的としているとのこと。またこれに伴いエイベックス・テクノロジーズは、同社が開発したブロックチェーン技術を活用して証明書を付与し、真正性を持たせたデジタルコンテンツを流通させるNFT事業基盤「A trust(エートラスト)」の提供を開始する。