北京市政府が政府サービスにおけるブロックチェーン活用に関する報告書を発表

北京市政府が政府サービスにおけるブロックチェーン活用に関する報告書を発表

北京市政府が政府サービスにおけるブロックチェーン活用についての報告書を発表した。この報告書で北京市政府はこれまでに140種類の政府サービスが平均40%のリソース削減で実施することができたと主張している。

そしてこの報告書では実装された12の具体的なユースケースの概要が紹介されている。具体的には運転免許、個人認証、ビジネス認証、結婚証明、死亡証明書など12種類以上のライセンシングに利用できるプラットフォームを形成できるのではないかと報告されている。

北京政府はこれまでブロックチェーンを中小企業の金融サービスプラットフォーム、電子請求書、eKYC、通関システム、物流システムなどに活用してきた。

編集部のコメント

中国ではサプライチェーンファイナンスが、最も人気のある金融ブロックチェーンアプリケーションのソリューションだとのことです。そして北京市政府はブロックチェーンが国家のガバナンスシステムとガバナンス能力を進化させるための新しいインフラストラクチャであるとも記載しています。国や都市などがブロックチェーンを活用するユースケースは今後も確実に増えてくると考えられます。実際に北京市は、2022年までにブロックチェーンイノベーションのハブ都市を目指す宣言を2020年6月30日に行なっています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

images::iStock/antoniokhr・NatanaelGinting)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論