監査法人KPMGがブロックチェーンと金融データを統合可能にするサービス「Chain Fusion」を発表

監査法人KPMGがブロックチェーンと金融データを統合可能にするサービス「Chain Fusion」を発表

監査法人KPMGが金融機関や機関投資家向けに暗号資産(仮想通貨)の管理を支援する分析ツール「Chain Fusion(チェーン・フュージョン)」を発表した。Chain Fusionはブロックチェーン上のデータと通常の金融システムのデータを統合して、管理できるサービス。ちなみにこのサービスは特許出願中とのことだ。

Chain Fusionの主機能は3つで、「1.Proof of Reserves(引当金、準備金の証明)、2.MPC Wallet (マルチパーティーコンピューティング・ウォレット)3.Transaction Monitoring(トランザクション監視)」 と紹介されている。 

KPMG Cryptoasset Servicesチームのディレクター兼共同リーダーであるSam Wyner(サム・ワイナー)氏は「規制当局と監査人は、暗号資産ビジネスの内部および全体で、ブロックチェーンシステム、従来の金融システム、ハイブリットなシステムのいずれに関わることなく、完全に実装された監査できうるプロセスを期待し求めています。そしてブロックチェーンやデジタルアセットをベースとしたビジネスであれば、監査のために個別のシステムが必要になるでしょう」とコメントしている。

さらにSam Wyner氏は「ブロックチェーンがコンソーシアムやプライベート型(パーミッションド)なのか、パブリック型(パーミッションレス)なのか、従来のシステムがフロント、ミドル、バックオフィスのシステムなのかによって、システム統合に必要な技術には根本的な違いがあります。主要なクリプトアセット技術ソリューションは、独自のシステム内のプロセスと制御の要件に対応することができますが、より大きな課題はシステム間で適切なプロセスと制御が行われ、システムが連携して動作することを確実にすることなのです。だからKPMG Chain Fusionはこれらのシステムと必要なプロセスとコントロールを一つの屋根の下に統合することで、これらの課題に対応しました」とコメントしている。

編集部のコメント

2019年11月29日に、KPMGはブロックチェーンベースのトレーサビリティシステム「KPMG Origins」をオーストラリア、中国、日本でローンチしました。このサービスは、IoTセンサーやデータの分析ツールを活用して、多くの業界に透明性と追跡可能性を提供します。

そして今回KMPGは監査法人の主要業務である「監査」に役立つブロックチェーンソリューションの発表をしました。

なお6月18日には監査法人のEYが米国で暗号資産の納税申告を支援するSaaS「EY CryptoPrep」の提供開始を発表しています。

このように監査法人がブロックチェーンサービスを提供する事例が増えてきています。監査法人としては、暗号資産領域の会計の透明性、税務申告の是正を行っていきたいのだと考えられます。ますますこの手のサービスは増えていくでしょう。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock/AliseFox・liuzishan–)

関連するキーワード

#DX

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

中国配車サービスDiDiやTikTokのBytedanceらがデジタル人民元の試験運用参加か、Coibaseが直接上場による株式公開検討か、CFTCが2020-2024の戦略計画発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国の配車サービスDiDiやTikTok運営のBytedanceらがデジタル人民元(DCEP)の試験運用に参加か、米暗号資産(仮想通貨)取引所Coibaseが2020年後半に直接上場による株式公開を検討か、米国商品先物取引委員会(CFTC)が「2020-2024の戦略計画」を発表、Brave(ブレイブ)が広告契約の取引所NYIAX(ナイアックス)と提携、ネットラーニングがデジタル修了証明書「オープンバッジ」を発行開始

(コメント追記:大同生命 共創戦略室課長 土川陽平氏/ディーカレット ビジネスアライアンスグループヘッド 葉山揚介氏)大同生命とディーカレットが自社ブランドのデジタル通貨発行の実証実験開始

T&D保険グループの大同生命保険株式会社と株式会社ディーカレットが2020年7月7日よりデジタル通貨発行に関する実証実験を開始したことを発表。目的は生命保険業へのデジタル通貨やブロックチェーンの応用可能性の検証とのことだ。

ChainalysisがシリーズBラウンドで1,300万ドルを追加調達、VolvoがBC企業Circulorに出資、東海東京FHとトーセイが8月にデジタル証券をシンガポールで上場予定かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Chainalysis(チェイナリシス)がシリーズBラウンドで1,300万ドルを追加調達、ボルボ(Volvo)が倫理的なサプライチェーンの実現に向けブロックチェーン企業サーキュラー(Circulor)に出資、東海東京FHとトーセイが8月にデジタル証券をシンガポールの取引所で上場予定か、「bitFlyer広報担当者コメントあり」bitFlyerとBrave Softwareがウォレット開発で業務提携を発表、国際半導体製造装置材料協会(SEMI)がブロックチェーンによる半導体の供給網管理システム構築へ