LayerXがサプライチェーンのデジタル化を推進を目的に日本IBMとパートナー契約を締結

LayerXがサプライチェーンのデジタル化を推進を目的に日本IBMとパートナー契約を締結

LayerXが日本アイ・ビー・エム株式会社のパートナープログラムである「IBM PartnerWorld」に参加し、産業横断的なサプライチェーンのデジタル化を支援していくことを発表した。

提携背景には、IBMが農作物や食品の安全性の向上を目指し、ブロックチェーン等のテクノロジーを活用した食品サプライチェーン追跡ネットワークである「IBM Food Trust」の取り組みをグローバルで推進するとともに、そこで培ったトレーサビリティ向上に資するソリューションの他分野への応用を志向していることがあげられている。特にトレーサビリティに関してLayerXと日本アイ・ビー・エムで取り組みの普及に向けた施策を検討、実施していくとのこと。

LayerX代表取締役CEOの福島良典氏は「コロナ禍の影響もあり経済活動をデジタル化する動きは不可逆なものとして加速しつつあります。デジタル化の進展はワークフローの全体最適な効率化に繋がるだけでなく、例えば食品のトレーサビリティ向上など、安全面・品質面の向上にも寄与するものだと考えます。

IBM様はブロックチェーンに限らず、産業横断的にデジタル化を具現化するためのソリューションを多数有しています。ブロックチェーン技術を基軸に、その周辺実装も含めてDXを推進してきた当社とIBM様との協業により、産業のデジタル化を効果的且つ効率的に推進していくことで、人々の生活や働き方のトランスフォーメーション実現に向けて尽力していきたいと思います。」とコメントしている。

日本IBM ブロックチェーン事業部 事業部長 髙田 充康氏は「LayerX様が、IBM PartnerWorldに参加し、IBM ビジネスパートナーとしてビジネスを推進することについて心から歓迎いたします。Covid-19がもたらした新状態において、デジタル技術による業務プロセスの可視化と自動化、ペーバーレスは焦眉の急を要する課題であり、中核技術としてのブロックチェーンの役割は益々高まるものと考えます。LayerX様のミッションである「すべての経済活動をデジタル化する」は、IBMが推進するプロックチェーン技術を活用した業界横断型デジタルプラットフォームと軌を一にします。

今回の発表は、LayerX様の先進的技術力とIBMが推進するIBM Food Trustをはじめとしたデジタルソリューションの融合をもたらすものであり、両社にて日本の産業界の一層のデジタル化をご支援してまいります」とコメントしている。

編集部のコメント

IBM Food Trustは、ブロックチェーン上に構築されているSoftware as a Service(SaaS)ソリューションです。取引およびデータのデジタル化によって、生産者、加工業者、運送業者、小売業者、規制当局、および消費者を含むサプライチェーン全体での作業をより効率的に行うことができるようになる仕組みです。

IBM Food Trustでは、データはユーザーのものだと考えられていて、ユーザー自身がデータをアップロード、所有、管理する設計となっています。そして、すべてのネットワーク参加者に最大の価値とアクセスを確保するために、IBM Food Trustは食品業界全体で既に導入されている標準(GS1)や、Hyperledger Fabricなどのオープン・ソース・テクノロジーを活用しています。

LayerXはIBM Food Trustのソフトウェアのアップデートに関してコントリビュートしていくのだと考えられます。トレーサビリティーの領域に関して注力するということなので、LayerXが開発するブロックチェーンにおける次世代のプライバシー保護技術「Anonify」の活用などがメインになっていくのではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock/nisaul-khoiriyah)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社のCEOを発表、日本損害保険協会とNECがブロックチェーン技術の共同検証開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社リブラネットワークスのCEOを発表、一般社団法人日本損害保険協会とNECが共同保険の事務効率化を目的にブロックチェーン技術の共同検証開始、米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携、LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。

(アンダーソン・毛利・友常法律事務所の長瀨威志弁護士のコメント追記)米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生

アメリカの暗号資産(仮想通貨)を運営するクラーケン(Kraken)がアメリカのワイオミング州より「クラーケン・フィナンシャル(Kraken Financial)」の設立申請を認可されたことを発表した。

ワイオミング州でデジタル銀行クラーケン・フィナンシャル誕生、ユニスワップがプロトコルトークンUNI発表、バハマで10月CBDC発行へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生、分散型金融プラットフォームのユニスワップがプロトコルトークン「UNI」を発表、ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ、バハマ中央銀行がデジタル通貨を10月発行へ、ビットフライヤーが2020年8月の取引実績を発表

(Kyber Network Japan managerの堀次泰介氏、マネーパートナーズグループ社長室の鈴木雄大氏コメントあり)分散型金融プラットフォームのユニスワップがガバナンストークン「UNI」を発表

分散型金融(DeFi)プラットフォームを提供するユニスワップ(Uniswap)がプロトコルトークン「UNI」を発行し、流動性マイニングを行うことを9月16日に発表した。流動性マイニングは日本時間の2020年9月18日午前9時に開始される予定。分散型金融の観点で言及されている流動性マイニングとは、ユーザーが分散型プラットフォームにトークンを供給することで、プラットフォーム側からプロトコルトークンを配布される仕組みのことである。