韓国の通信キャリア大手3社が共同でブロックチェーンベースの運転免許認証サービスをリリース

韓国の通信キャリア大手3社が共同でブロックチェーンベースの運転免許認証サービスをリリース

韓国通信キャリア大手のSK Telecomが、同じく大手通信キャリアのKTとLG U+と共同で開発を行っている本人確認アプリ「PASS」において、運転免許証の認証サービスの提供を開始することを6月23日に発表した。

PASSアプリは2018年から韓国で提供されている本人確認アプリである。このPASSアプリを通じて本人認証を行うことで、自分のスマホに運転免許証を登録できるようになる。

運転免許証認証サービスを利用する際はスマホの画面に本人写真とQRコードしか表示されないため、生年月日や住所などの個人情報を提示する必要がなくなる。

なおこのサービスにおける情報管理と認証にはブロックチェーン技術が利用されている。暗号化された個人情報を個人の端末に保存しており、アプリ運営側も最小限の個人情報しか持たないため、個人情報漏洩リスクは低くなっているとのこと。

さらに認証の際には警察庁の運転免許システムサーバーに直接アクセスを行う構造をとっているため、不正アクセスや偽造もしにくくなっている。

この運転免許証認証サービスは6月24日から韓国全域のコンビニで、たばこやアルコール購入の際の年齢確認に利用ができるとのこと。また7月からは運転免許試験場での免許証の更新や再発行の際にも同サービスが利用できるようになる予定だ。

編集部のコメント

PASSアプリにおける運転免許証認証サービスは韓国の3大キャリアと警察庁の連携によって実現したプロジェクトであり、まさに官民一体の事業成果と言えます。

運転免許証は一番身近な身分証明書のひとつではありますが、免許不携帯による(本来不必要な)罰則や、更新・再発行の面倒さなどさまざまな課題点を抱えているのも事実です。したがって今回のように、本質的な機能を損なわずにセキュリティや利便性を向上させるようなサービスは多くの人に利用されるようになると考えられます。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/Happy_vector・inkoly)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/6話題】ユニスワップのBNB展開にa16zが反対、Starknet Proverがオープンソース化など(音声ニュース)

ユニスワップのBNB展開、UNI大量保有のa16zが反対票投じる、米検察当局、シルバーゲートによるFTXとアラメダとの取引を調査=情報筋、スタークウェア、トランザクション証明技術「Starknet Prover」をオープンソース化、SBI DAHが国内機関投資家向けデジタルアセットカストディ提供へ、英ゾディアとJV設立で、MakerDAO、500万ドル規模の「防衛基金」立ち上げ、OpenSeaが「Drops on OpenSea」のバージョンアップへ、自称ビットコイン開発者クレイグ・ライトの25億ドル訴訟が裁判に

Sponsored