韓国の通信キャリア大手3社が共同でブロックチェーンベースの運転免許認証サービスをリリース

韓国の通信キャリア大手3社が共同でブロックチェーンベースの運転免許認証サービスをリリース

韓国通信キャリア大手のSK Telecomが、同じく大手通信キャリアのKTとLG U+と共同で開発を行っている本人確認アプリ「PASS」において、運転免許証の認証サービスの提供を開始することを6月23日に発表した。

PASSアプリは2018年から韓国で提供されている本人確認アプリである。このPASSアプリを通じて本人認証を行うことで、自分のスマホに運転免許証を登録できるようになる。

運転免許証認証サービスを利用する際はスマホの画面に本人写真とQRコードしか表示されないため、生年月日や住所などの個人情報を提示する必要がなくなる。

なおこのサービスにおける情報管理と認証にはブロックチェーン技術が利用されている。暗号化された個人情報を個人の端末に保存しており、アプリ運営側も最小限の個人情報しか持たないため、個人情報漏洩リスクは低くなっているとのこと。

さらに認証の際には警察庁の運転免許システムサーバーに直接アクセスを行う構造をとっているため、不正アクセスや偽造もしにくくなっている。

この運転免許証認証サービスは6月24日から韓国全域のコンビニで、たばこやアルコール購入の際の年齢確認に利用ができるとのこと。また7月からは運転免許試験場での免許証の更新や再発行の際にも同サービスが利用できるようになる予定だ。

編集部のコメント

PASSアプリにおける運転免許証認証サービスは韓国の3大キャリアと警察庁の連携によって実現したプロジェクトであり、まさに官民一体の事業成果と言えます。

運転免許証は一番身近な身分証明書のひとつではありますが、免許不携帯による(本来不必要な)罰則や、更新・再発行の面倒さなどさまざまな課題点を抱えているのも事実です。したがって今回のように、本質的な機能を損なわずにセキュリティや利便性を向上させるようなサービスは多くの人に利用されるようになると考えられます。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/Happy_vector・inkoly)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

コインベースプロにてCTSI、RLC、MIR、TRBが上場へ

米暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社の提供する個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて暗号資産(仮想通貨)カルテシ(Cartesi:CTSI)、アイエクセック(iExec:RLC)、ミラープロトコル(Mirror Protocol:MIR)、テラー(Tellor:TRB)の4銘柄の上場を5月4日発表した。

三菱重工と日本IBM、CO2流通をブロックチェーンで可視化するデジタルプラットフォーム「CO2NNEX」構築へ

菱重工業株式会社と日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)が、二酸化炭素(CO2)流通を可視化するデジタルプラットフォーム「CO2NNEX(コネックス)」の構築開始を5月6日発表した。なおこのプラットフォームには「IBM Blockchain Platform」が活用される。

米国銀行へビットコインサービス提供か、ストーンリッジ子会社NYDIGとフィデリティ

ニューヨークに拠点を置く100億ドル規模の資産運用会社ストーンリッジ(Stone Ridge)の子会社であるニューヨーク・デジタル・インベストメント・グループ(NYDIG)がフィデリティ・ナショナル・インフォメーション・サービス(Fidelity National Information Services)と提携し、米国の銀行が今後数カ月のうちにビットコインを提供できるようなフレームワークを提供する予定であるとCNBCが報じた。

ギャラクシーデジタル、暗号資産カストディ企業ビットゴーを約1,300億円で買収

ギャラクシーデジタル(Galaxy Digital)がデジタル資産カストディ企業ビットゴー(BitGo)の買収に合意したことを5月4日に発表した。買収金額は2021年同日のギャラクシーデジタルの株価終値に基づき約1,300億円(約12億ドル)となった。また買収の契約条件に基づくと、ビットゴーの株主に支払われる対価はギャラクシーデジタルの普通株式3,380万株の新規発行と現金2億6,500万ドルとのことだ。ビットゴーのCEOであるマイク・ベルシェ(Mike Belshe)はギャラクシーデジタルのDeputy CEO(副CEO)として入社し、取締役会のメンバーとなる予定だ。