IBM Blockchain Platform 2.5がリリース

IBM Blockchain Platform 2.5がリリース

米IBMがエンタープライズ向けブロックチェーン開発プラットフォームであるIBM Blockchain Platformの最新版「IBM Blockchain Platform 2.5」をリリースしたことを6月22日に発表した。

IBM Blockchain Platformは、企業が独自のブロックチェーン(特にHyperledger Fabricベースのブロックチェーン)を構築する際に、ブロックチェーンのデプロイ、管理、コントラクト作成、スケーリングなどを包括的にサポートする統合ツール。

今回発表された「IBM Blockchain Platform 2.5では、今年1月30日にリリースされたHyper Ledger Fabric 2.0による最新のオープンソースイノベーションへの対応や、2019年9月よりIBM Blockchain Platformに統合されているRed Hat社のセキュリティツールRed Hat OpenShift 3および4を、最新バージョンであるOpenShift 4.3に移行等をすることで、ユーザビリティやセキュリティの向上を見込んでいるとのこと。

IBMによれば今回のアップデートは産業の新しい形態であるマルチパーティーシステム(業界を横断したデータ管理ネットワーク)の形成を促進させるとのことだ。

編集部のコメント

Hyperledger FabricはOSS開発を行う非営利組織Linux Foundationが開発を行うオープンソースブロックチェーンです。IBMはこのプロジェクトに対し多額の支援を行い開発を主導しています。

またIBMは4月28日に新型コロナウイルスのパンデミックに関する医療従事者支援を目的として、ブロックチェーンネットワーク「Rapid Supplier Connect(ラピッド・サプライヤー・コネクト)」を発表し、現在は無償で提供を行っています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/Vit_Mar)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

コインベースプロにてCTSI、RLC、MIR、TRBが上場へ

米暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社の提供する個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて暗号資産(仮想通貨)カルテシ(Cartesi:CTSI)、アイエクセック(iExec:RLC)、ミラープロトコル(Mirror Protocol:MIR)、テラー(Tellor:TRB)の4銘柄の上場を5月4日発表した。

三菱重工と日本IBM、CO2流通をブロックチェーンで可視化するデジタルプラットフォーム「CO2NNEX」構築へ

菱重工業株式会社と日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)が、二酸化炭素(CO2)流通を可視化するデジタルプラットフォーム「CO2NNEX(コネックス)」の構築開始を5月6日発表した。なおこのプラットフォームには「IBM Blockchain Platform」が活用される。

米国銀行へビットコインサービス提供か、ストーンリッジ子会社NYDIGとフィデリティ

ニューヨークに拠点を置く100億ドル規模の資産運用会社ストーンリッジ(Stone Ridge)の子会社であるニューヨーク・デジタル・インベストメント・グループ(NYDIG)がフィデリティ・ナショナル・インフォメーション・サービス(Fidelity National Information Services)と提携し、米国の銀行が今後数カ月のうちにビットコインを提供できるようなフレームワークを提供する予定であるとCNBCが報じた。

ギャラクシーデジタル、暗号資産カストディ企業ビットゴーを約1,300億円で買収

ギャラクシーデジタル(Galaxy Digital)がデジタル資産カストディ企業ビットゴー(BitGo)の買収に合意したことを5月4日に発表した。買収金額は2021年同日のギャラクシーデジタルの株価終値に基づき約1,300億円(約12億ドル)となった。また買収の契約条件に基づくと、ビットゴーの株主に支払われる対価はギャラクシーデジタルの普通株式3,380万株の新規発行と現金2億6,500万ドルとのことだ。ビットゴーのCEOであるマイク・ベルシェ(Mike Belshe)はギャラクシーデジタルのDeputy CEO(副CEO)として入社し、取締役会のメンバーとなる予定だ。