IBMが医療従事者支援のためにRapid Supplier Connect(ラピッドサプライヤーコネクト)を提供開始

IBMが医療従事者支援のためにRapid Supplier Connect(ラピッドサプライヤーコネクト)を提供開始

IBMが新型コロナウイルスのパンデミックに関する医療従事者支援を目的に、ブロックチェーンネットワーク「Rapid Supplier Connect(ラピッド・サプライヤー・コネクト」」を発表

同サービスは医薬品バイヤーとサプライヤーのマッチングを速め、さらに企業や医薬品の検証と導入プロセスを加速させることで、救命機器の在庫をほぼリアルタイムで把握することを可能にするとのことだ。

同サービスは、ビジネスネットワークのためのスケーラブルなブロックチェーン、サプライチェーンソリューション、技術専門家により開発されたネットワークを組み合わせて構築された。

800以上の病院とケアセンターを擁するニューヨーク最大の医療システムであるNorthwell Health(ノースウェル・ヘルス)が同サービスのイニシアチブに参加し、世界サプライチェーン連盟が北米から200以上のサプライヤーへ参加を呼び寄せているとのこと。

ノースウェルヘルス副社長兼最高調達責任者であるPhyllis McCready(フィリス・マクレディ)氏は「ノースウェルヘルスは、ニューヨークの新型コロナウイルス患者が増加している間も患者とスタッフを保護するために十分な物資を持っていました。それは独自のPOSシステムとサプライチェーンを新興企業と開発していたことによって、医療防具服、その他の医療機器、消耗品を適切に貯蓄できていたと考えています。だから今回IBMがRapid Supplier Connectを提供し始めてくれることは非常に嬉しく思い、すぐに参加できて非常に良かったです」とブロックチェーンメディアDecrypt(ディクリプト)へコメントしている。

ちなみに同サービスは2020年8月31日まで、米国とカナダの企業を対象に同サービスへの無償アクセスを提供される予定だ。

編集部のコメント

IBMはこれまでブロックチェーン技術へ深く投資をしてきており、様々な企業にエンタープライズサービスを提供してきています。例えばLinux FoundationのオープンソースHyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)の支援などです。

IBMが新型コロナウイルスへの対応として急務に必要なブロックチェーンソリューションを迅速に無料で提供することは、非常に大きな意味があるとあたらしい経済編集部は考えます。これを機に、多くの医療関係者がブロックチェーンの有用性に気づくきっかけなるのではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:Tuadesk)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/25話題】アクシーRonin Bridgeが再稼働へ、サミーやKADOKAWAらがNFT新会社設立など(音声ニュース)

アクシー「Ronin Bridge」が再稼働、ユーザーへ被害額全額返済へ、パチンコのサミーやKADOKAWAら、NFTサービス開発運営の「O-DEN」設立、カカオのクレイトン、OpenSeaと提携、リップル社、トロントに技術拠点開設へ、バイナンス、機関投資家向けプラットフォーム「Binance institutional」ローンチ、『攻殻機動隊』や『FAIRY TAIL』をweb3で世界展開へ、講談社とアニモカら、関西サッカーリーグ1部「アルテリーヴォ和歌山」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored