IBMが医療従事者支援のためにRapid Supplier Connect(ラピッドサプライヤーコネクト)を提供開始

IBMが医療従事者支援のためにRapid Supplier Connect(ラピッドサプライヤーコネクト)を提供開始

IBMが新型コロナウイルスのパンデミックに関する医療従事者支援を目的に、ブロックチェーンネットワーク「Rapid Supplier Connect(ラピッド・サプライヤー・コネクト」」を発表

同サービスは医薬品バイヤーとサプライヤーのマッチングを速め、さらに企業や医薬品の検証と導入プロセスを加速させることで、救命機器の在庫をほぼリアルタイムで把握することを可能にするとのことだ。

同サービスは、ビジネスネットワークのためのスケーラブルなブロックチェーン、サプライチェーンソリューション、技術専門家により開発されたネットワークを組み合わせて構築された。

800以上の病院とケアセンターを擁するニューヨーク最大の医療システムであるNorthwell Health(ノースウェル・ヘルス)が同サービスのイニシアチブに参加し、世界サプライチェーン連盟が北米から200以上のサプライヤーへ参加を呼び寄せているとのこと。

ノースウェルヘルス副社長兼最高調達責任者であるPhyllis McCready(フィリス・マクレディ)氏は「ノースウェルヘルスは、ニューヨークの新型コロナウイルス患者が増加している間も患者とスタッフを保護するために十分な物資を持っていました。それは独自のPOSシステムとサプライチェーンを新興企業と開発していたことによって、医療防具服、その他の医療機器、消耗品を適切に貯蓄できていたと考えています。だから今回IBMがRapid Supplier Connectを提供し始めてくれることは非常に嬉しく思い、すぐに参加できて非常に良かったです」とブロックチェーンメディアDecrypt(ディクリプト)へコメントしている。

ちなみに同サービスは2020年8月31日まで、米国とカナダの企業を対象に同サービスへの無償アクセスを提供される予定だ。

編集部のコメント

IBMはこれまでブロックチェーン技術へ深く投資をしてきており、様々な企業にエンタープライズサービスを提供してきています。例えばLinux FoundationのオープンソースHyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)の支援などです。

IBMが新型コロナウイルスへの対応として急務に必要なブロックチェーンソリューションを迅速に無料で提供することは、非常に大きな意味があるとあたらしい経済編集部は考えます。これを機に、多くの医療関係者がブロックチェーンの有用性に気づくきっかけなるのではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:Tuadesk)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

資産運用大手フィデリティらがBCベースの報告ツールを2020第4Qから利用か、ヴァンレンタスが独自トークン販売で52億円の資金調達かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第四半期から利用か、米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か、米国の銀行でステーブルコイン発行事業者のための準備金保有が可能に、CoinBestが暗号資産交換業者登録を完了、韓国暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)が二度目の売却を検討か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第四半期から採用することが明らかになった。

米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か

アメリカ投資会社ヴァレンタス・キャピタル・マネジメント(Valentus Capital Management )が、独自の暗号資産(仮想通貨)の公開販売を通じて、約264億円(2億5000万ドル)規模のファンド運用資金の一部を調達する予定だとヴァレンタス・キャピタル・マネジメントの最高幹部が9月23日にロイター通信のインタビューで語った。

欧州中央銀行がステーブルコインのリスク指摘、業界有識者らFinCEN文書を非難、アモニカブランズのゲームがダッパーラボのBCフロウに移行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州中央銀行(ECB)がステーブルコインのリスクを指摘、暗号資産業界の有識者らが「フィンセン(FinCEN)文書」を非難、アモニカブランズのゲームタイトルがダッパーラボの独自ブロックチェーンフロウに移行、米CIAがブロックチェーンなどの新技術の開発研究をする「CIAラボ」設立

アモニカブランズのゲームタイトルがダッパーラボの独自ブロックチェーンフロウに移行

中国香港を拠点とするゲーム開発会社アモニカブランズ(Animoca Brands)が同社が提供するゲームタイトル「スターガール(Star Girl)」を、ブロックチェーン開発企業であるダッパーラボ(Dapper Labs)の独自ブロックチェーン「フロウ(Flow)」に移行することを9月22日発表した。またアモニカブランズは「フロウ」にて「MotoGP™」をテーマにしたブロックチェーンゲームをリリースすることも併せて発表した。