ブロックチェーンを耳で学ぼう!「あたらしい経済」がアマゾン「audible(オーディブル)」でブロックチェーン/暗号資産(仮想通貨)に関するオリジナルコンテンツやデイリーニュースを配信開始

耳からブロックチェーンを学ぼう!

幻冬舎が運営するブロックチェーン/暗号資産(仮想通貨)の専門メディア「あたらしい経済(New economy)」は、本日2020年5月1日よりAmazon.com, Inc.の関連会社であるAudible, Inc.が提供する世界最大のオーディオブックならびに音声コンテンツ制作・配信サービスである「Audible (オーディブル) 」にて音声コンテンツの配信を開始いたしました。

本日配信を開始したのは、audible限定の特別コンテンツ『あたらしい経済「耳から学ぶブロックチェーンと仮想通貨の仕組み」』です。このコンテンツではビットコインについて、そしてそれを動かすブロックチェーンの仕組みについて音声で詳しく解説しています。ノンノプログラマの方でも理解できる入門編の音声コンテンツです。この作品はaudible月額会員の方は無料でお楽しみいただけます。また会員でない方も600円でご購入が可能です。

今後「あたらしい経済」はaudibleで毎月学びのあるaudible限定の特別コンテンツの配信や、「あたらしい経済」が平日毎日配信しているブロックチェーン/暗号資産(仮想通貨)に関するニュース番組「あたらしい経済ニュース」を配信してきます。

ぜひともこれを機会に、多くのビジネスにおいて重要なテクノロジーになるブロックチェーンの仕組みを学び、そして世界の最新情報をキャッチアップしてください!

作品情報

あたらしい経済「耳から学ぶブロックチェーンと仮想通貨の仕組み」
著者: 株式会社幻冬舎「あたらしい」経済編集部
価格:audible月額会員は無料/非会員は600円(税込)
内容:幻冬舎のブロックチェーン/仮想通貨/フィンテック専門メディア「あたらしい経済(New economy)」によるaudible特別番組第1弾。今回はブロックチェーンと仮想通貨(暗号資産)の仕組みを音声で解説。仮想通貨ビットコインについてや、ブロックチェーンはどのような仕組みで動いているのかなどを解説した、ノンノプログラマの方でも理解できる入門編の音声コンテンツです。

→作品はこちらから

Audible(オーディブル)とは?

■「本を聴ける」サービス:世界最大級の規模を誇るオーディオエンターテインメント・サービスです。オーディブルは、海外と国内コンテンツを合わせ38か国語、40万タイトル以上の音声が楽しめる、音声コンテンツ制作・配信サービスです。著名な作家の作品をはじめ、ビジネス書から落語、語学など20以上のジャンルで豊富なタイトルから、中にはオーディブルでしか聴くことのできないオリジナルの作品も。

■世界9か国で展開中現在、米・英・独・仏・豪・日・伊・加・印の9か国で展開し、すでに世界で何百万人もの人々が利用。海外では一般的なコンテンツとして広まっています。

■スマホアプリはもちろん、Amazon Echo やAlexa搭載デバイスでも利用可能!Amazon Echoシリーズを始めとしたAlexaが使えるデバイスやPCサイト、スマホアプリから聴くことができます。

→Audibleはこちら

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバーも務める。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「Podcast総研」等のポッドキャスト配信。著書『畳み人という選択』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバーも務める。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「Podcast総研」等のポッドキャスト配信。著書『畳み人という選択』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored