ブロックチェーンを耳で学ぼう!「あたらしい経済」がアマゾン「audible(オーディブル)」でブロックチェーン/暗号資産(仮想通貨)に関するオリジナルコンテンツやデイリーニュースを配信開始

耳からブロックチェーンを学ぼう!

幻冬舎が運営するブロックチェーン/暗号資産(仮想通貨)の専門メディア「あたらしい経済(New economy)」は、本日2020年5月1日よりAmazon.com, Inc.の関連会社であるAudible, Inc.が提供する世界最大のオーディオブックならびに音声コンテンツ制作・配信サービスである「Audible (オーディブル) 」にて音声コンテンツの配信を開始いたしました。

本日配信を開始したのは、audible限定の特別コンテンツ『あたらしい経済「耳から学ぶブロックチェーンと仮想通貨の仕組み」』です。このコンテンツではビットコインについて、そしてそれを動かすブロックチェーンの仕組みについて音声で詳しく解説しています。ノンノプログラマの方でも理解できる入門編の音声コンテンツです。この作品はaudible月額会員の方は無料でお楽しみいただけます。また会員でない方も600円でご購入が可能です。

今後「あたらしい経済」はaudibleで毎月学びのあるaudible限定の特別コンテンツの配信や、「あたらしい経済」が平日毎日配信しているブロックチェーン/暗号資産(仮想通貨)に関するニュース番組「あたらしい経済ニュース」を配信してきます。

ぜひともこれを機会に、多くのビジネスにおいて重要なテクノロジーになるブロックチェーンの仕組みを学び、そして世界の最新情報をキャッチアップしてください!

作品情報

あたらしい経済「耳から学ぶブロックチェーンと仮想通貨の仕組み」
著者: 株式会社幻冬舎「あたらしい」経済編集部
価格:audible月額会員は無料/非会員は600円(税込)
内容:幻冬舎のブロックチェーン/仮想通貨/フィンテック専門メディア「あたらしい経済(New economy)」によるaudible特別番組第1弾。今回はブロックチェーンと仮想通貨(暗号資産)の仕組みを音声で解説。仮想通貨ビットコインについてや、ブロックチェーンはどのような仕組みで動いているのかなどを解説した、ノンノプログラマの方でも理解できる入門編の音声コンテンツです。

→作品はこちらから

Audible(オーディブル)とは?

■「本を聴ける」サービス:世界最大級の規模を誇るオーディオエンターテインメント・サービスです。オーディブルは、海外と国内コンテンツを合わせ38か国語、40万タイトル以上の音声が楽しめる、音声コンテンツ制作・配信サービスです。著名な作家の作品をはじめ、ビジネス書から落語、語学など20以上のジャンルで豊富なタイトルから、中にはオーディブルでしか聴くことのできないオリジナルの作品も。

■世界9か国で展開中現在、米・英・独・仏・豪・日・伊・加・印の9か国で展開し、すでに世界で何百万人もの人々が利用。海外では一般的なコンテンツとして広まっています。

■スマホアプリはもちろん、Amazon Echo やAlexa搭載デバイスでも利用可能!Amazon Echoシリーズを始めとしたAlexaが使えるデバイスやPCサイト、スマホアプリから聴くことができます。

→Audibleはこちら

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局部長
暗号資産/ブロックチェーンに特化した幻冬舎のWEBメディア「あたらしい経済(NEW ECONOMY)」を運営。その他の主な担当プロジェクトは「13歳のハローワーク公式サイト」「ピクシブ文芸」「NewsPicksアカデミア」など。また幻冬舎グループの漫画出版社である「幻冬舎コミックス」、クラウドファンディング出版を実施するCAMPFIREとの合弁会社「エクソダス」などの取締役を兼務。また個人活動としてNewsPicks野村高文とのビジネスユニット「風呂敷 畳み人」を組み、Voicyでビジネスを着実に実行するスキルを提供する「風呂敷 畳み人 ラジオ」をはじめとした、数々のビジネスコンテンツを発信中。「風呂敷畳み人サロン」「サウナサロン」などのオンラインサロンを主宰。

著者に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局部長
暗号資産/ブロックチェーンに特化した幻冬舎のWEBメディア「あたらしい経済(NEW ECONOMY)」を運営。その他の主な担当プロジェクトは「13歳のハローワーク公式サイト」「ピクシブ文芸」「NewsPicksアカデミア」など。また幻冬舎グループの漫画出版社である「幻冬舎コミックス」、クラウドファンディング出版を実施するCAMPFIREとの合弁会社「エクソダス」などの取締役を兼務。また個人活動としてNewsPicks野村高文とのビジネスユニット「風呂敷 畳み人」を組み、Voicyでビジネスを着実に実行するスキルを提供する「風呂敷 畳み人 ラジオ」をはじめとした、数々のビジネスコンテンツを発信中。「風呂敷畳み人サロン」「サウナサロン」などのオンラインサロンを主宰。

著者に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

暗号資産取引所FTXがテスラ株などをトークン化し提供へ、カナダの中銀デジタル通貨PJ実行フェーズへ、マスターカードが農業系BC企業と提携などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

暗号資産(仮想通貨)取引所FTXがテスラやネットフリックスなどの株式をトークン化し1株未満で提供開始予定、カナダ銀行の中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクトが概念実証フェーズから実行フェーズへ、マスターカード(Mastercard)がサプライチェーンの透明化のために農業系ブロックチェーン企業グレインチェーン(GrainChain)との提携発表、JPモルガンがブロックチェーン利用の銀行間情報ネットワークを「Liink(リンク)」にリブランド、SBIが支援するブロックチェーン技術を利用したプレミアム付電子商品券が福岡市平尾商工連合会及び箱崎商店連合会にて発行決定、アステリアがブロックチェーン活用の3密回避Webアプリを開発

SBIが支援するブロックチェーン技術を利用したプレミアム付電子商品券が福岡市平尾商工連合会及び箱崎商店連合会にて発行決定

SBIホールディングス株式会社が、同社の地域活性化を推進する取り組みの一環として支援をした自治体によるプレミアム付き商品券の電子化する取り組みにより、福岡県福岡市平尾商工連合会及び箱崎商店連合会から「ひらぐらペイ(平尾商工連合会発行)」及び「キャッシュレスハコぽっぽ(箱崎商店連合会発行)」が提供開始されることを10月29日発表した。

コインベースが最大4%の暗号資産付与のデビットカードローンチ、コンセンシスがデジタルユーロとタイのCBDC実証実験参加などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースが米国で最大4%の暗号資産付与のデビットカードのローンチを発表、イーサリアム専門の開発企業コンセンシスがデジタルユーロの実証実験に参加、イーサリアム専門の開発企業コンセンシスがタイの中央銀行デジタル通貨(CBDC)のプロトタイプの実証実験に参加、住友商事とbitFlyer Blockchainが独自ブロックチェーン「miyabi」を活用した不動産賃貸契約プラットフォーム「スマート契約」のプレ商用サービスを開始

イーサリアム専門の開発企業コンセンシスがデジタルユーロの実証実験に参加

イーサリアム専門のブロックチェーン開発企業米コンセンシス(ConsenSys)がブロックチェーン特化のフィンテック企業ソシエテ・ジェネラル(Societe Generale)のグループ企業である「フォージ(Forge)」に選ばれ、デジタルユーロの実験の支援を開始したことを10月28日に発表した。