KFCが中東でデジタル広告やメディアバイイングにブロックチェーン技術を導入

KFCが中東でデジタル広告やメディアバイイングにブロックチェーン技術を導入

ファストフードチェーンのKFCが中東でのデジタル広告やMedia Buying(メディアバイイング)にブロックチェーン技術を採用することを発表したとLedger Insightsが報道した。

KFCはブロックチェーンを活用して広告キャンペーンからリアルタイムでデータにアクセスすることを目指しているとのこと。データの透明性向上により、KFCはブランドの可視性を高め、広告配信を監視することができるようになると考えている。

またKFCは広告の掲載と配信に関する共有データベースに関して、デジタル広告のサプライチェーンにおける不正行為のリスクを低減させることができるとも考えている。

この取り組みはアメリカの大手広告会社Omnicom Group(オムニコム)のマーケティングエージェンシーであるHearts & Science in MENA(ハーツ&サイエンスMENA)と協力して展開していく予定とのこと。

KFCのCMO(チーフマーケティングオフィサー)であるOzge Zoralioglu(オズゲ・ゾラリオグル)氏は「これまでマーケターは様々な異なるソースからデータを収集し、曖昧なインサイトに基づいてキャンペーンを実施してきました。そして今日では、マーケターはデータの元となるソース、つまり消費者行動履歴などに向き合う必要があります。

そしてKFCはブロックチェーンソリューションを活用することで、リアルタイムデータの可視性と最新の洞察プロセスを強化し情報が認証され、データが改ざんされていない状態で分析できるようになります」とコメントしている。

そしてHearts & Science MENAのManaging Director(マネージングディレクター)のFadi Maktabi(ファディ・マクタビ)氏は「ログレベルのデータにアクセスできるようになることで、データ主導のビジネスパフォーマンスを促進するための変更をより迅速に行うことができ地域のメディアサプライチェーンへのアクセスを増やすことができるようになります」とコメントしている。

編集部のコメント

米国に本社を置くKFCは現在、世界中に約24,000店のレストランを展開しています。データ分析企業BIA Advisory Services(BIAアドバイサリーサービス)によると、2020年にはKFCのようなクイックサービスのレストランがジオマーケティングに基づくデジタル広告に45億ドルを費やすと予測しています。そしてデータ分析企業Statista(スタティスタ)は世界のデジタル広告費は2024年までに4650億ドルに達すると予測しています。

このようにデジタル広告は様々なアプローチで活用されていくと考えられています。しかし、今後データ取集可能な場所が増えすぎてしまい企業が正しい分析を行えなくなるとも予測することができます。

そのような予測をもとに考えると、KFCのようなグローバル展開しているファーストフード店がブロックチェーン技術を活用して、正しいデータを収集し分析しながら、運用コストを下げられる選択をするのは合理的であるとあたらしい経済編集部は考えています。

ちなみにKFCはブロックチェーンに対するアプローチは今回が初めてでありません。2018年にKFCカナダでビットコインでしか購入することができない「ビットコインバケット」を提供していました。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

イメージ:LuckyStep48

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

楽天ヨーロッパとチリーズ提携、スノーデン氏NFTオークション開催などのニュース解説ラジオ

楽天ヨーロッパとチリーズ(Chiliz)提携、楽天ポイントとファントークン交換可能に、エドワード・スノーデン氏、NFTオークション開催へ、損害保険料のビットコイン払い対応、大手保険会社アクサ・スイス、米国最古のワインショップ、ビットコインやイーサなどにて支払いが可能に、【取材】HashHubレンディング、BitGoウォレットとカストディを採用(代表取締役CEO平野淳也)、コインベース株2億4600万ドル相当を購入、アーク・インベストメント・マネジメント、バイナンス、コインベース株式トークンの取引開始、イーサリアムの大型アップグレード「ベルリン」完了、テゾス(Tezos)でセキュリティトークン発行、仏大手銀行ソシエテ・ジェネラル、現代アートグローバルプラットフォームのTRiCERA(トライセラ)、ZoraおよびCurvegridと提携、エイベックス・テクノロジーズがNFT事業に本格参入、シードVC「NOW」が最大100億円規模の2号ファンド設立、ブロックチェーン領域への投資も検討

現代アートグローバルプラットフォームのTRiCERA(トライセラ)、ZoraおよびCurvegridと提携

グローバルアートマーケットプレイス TRiCERA ART(トライセラアート)を運営する株式会社TRiCERAが、ブロックチェーンソフトウェア企業であるCurvegrid社、 NFTマーケットプレイスを運営するZoraと技術パートナーシップを締結したことを4月16日発表した。このパートナーシップ締結によりTRiCERA ARTにNFTの取引機能を統合する。これによりTRiCERAはアーティストの利益を最大化する市場構造を創出していくとのこと。

エイベックス・テクノロジーズがNFT事業に本格参入

エイベックス・テクノロジーズ株式会社がNFT事業に本格参入することを4月16日発表した。このことはIPホルダーの著作権等の権利の保護とデジタルコンテンツの流通を目的としているとのこと。またこれに伴いエイベックス・テクノロジーズは、同社が開発したブロックチェーン技術を活用して証明書を付与し、真正性を持たせたデジタルコンテンツを流通させるNFT事業基盤「A trust(エートラスト)」の提供を開始する。