米デジタル資産運用企業がイーサリアムからテゾスへプラットフォームを移行

米デジタル資産運用企業がイーサリアムからテゾスへプラットフォームを移行

米テキサス州のデジタル資産関連企業であるVertaloがテゾス(Tezos)をデフォルトのブロックチェーンに変更し、実装していくことを発表。TQ Tezosと共同で行っていく。

今後、Vertaloプラットフォームは、Tezosと互換性のあるスマートコントラクトを使用して、SECに準拠した形で、REG D V-Tokenセキュリティトークンを推奨および生成していく。これまでVertaloはイーサリアムのERC-20トークンを活用してきた。変更に伴い、ERC-20トークンをTezos形式のスマートコントラクトに移行していく。

VertaloのCEO Dave Hendricks(デイブ・ヘンドリックス)氏は「Vertaloは現在、プラットフォーム上に18顧客存在しています。我々は、いまデジタル証券を発行し、ブローカーディーラー、発行者、カストディアン、および取引所のデータを管理しています。また、スタートアップの上限テーブルを管理し、スタートアップがREG D Vトークンで会社の株式をトークン化できるようにしています」とコメント。

さらに同氏は「Tezosを選択した理由は、スマートコントラクト機能が複数のプログラミング言語で利用できるためです。そして、Tezosの1秒あたりのトランザクション率、参加者の安定したネットワーク、堅牢な担保の機会があります。さらに、Tezosセキュリティトークンを介して管理される不動産ファンドは、Vertaloおよびその他のセキュリティトークンプラットフォームが注目している不動産投資信託のような投資で伝統的なペイメント方法が選ばれながらも、資産担保付き配当に対して、ステークベースでの配当も支払うことができるようになります」とコメント。

TQ Tezosは、 Tezosベースのソリューションを構築するテクノロジー企業として、成長しているデジタル証券分野の多数のマーケットリーダーと協力し、Vertaloプラットフォームと同様に計画から実装までに必要な課題とリソースをプロジェクトに共有していく。

編集部のコメント

Tezosは、OCamlという関数型のプログラミング言語で書かれたパブリックブロックチェーンす。スマートコントラクトは、Michelsonで書かれています。また、TezosはLiquid Proof-of-Stake(LPoS)という独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

現在、TezosはStaking As A Serviceとして利用されていることが多いです。特に取引所でのサービス提供が多く、コインベース、バイナンス、クラーケンなどが提供しています。今回のVertaloのように一刻も早く、セキュリティートークンの第一人者となっていきたい企業にとっては、Ethereum2.0を待ちきれなく、Tezosのようなプラットフォームに移行するケースが増えていくのかもしれません。

他にもセキュリティートークンプラットフォームのPolymathはEthereumからSubstrateへ移行しました。実際に、Substrateを開発・運用しているParity TechnologiesはEthereumクライアントの主開発から離れています。

https://www.neweconomy.jp/posts/37460

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:dalebor)

 

 

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

中国が5年後までに世界共通デジタル決済ネットワークを構築か、ニューヨーク市警察が仮想通貨の取引分析ツール利用方針を公表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国が5年後までに世界共通デジタル決済ネットワークを構築か、ニューヨーク市警察が暗号資産(仮想通貨)の取引分析ツールの利用方針を公表、ゴールドマンサックスが暗号資産(仮想通貨)カストディサービスを近日提供か、グラコネとエンジン(Enjin)がNFTチャリティープロジェクト開始、ビットフライヤーが暗号資産積立購入サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始、アニモカブランズ(Animoca Brands)がバイナンススマートチェーン(Binance Smart Chain)と戦略的パートナーシップ締結

(グラコネ代表の藤本真衣氏コメントあり)グラコネとエンジン(Enjin)がNFTチャリティープロジェクト開始

SDGsとBlockchainのプラットフォーム「KIZUNA HUB」を運営する株式会社グラコネとブロックチェーンを用いたエコシステムを開発するシンガポールのエンジン(ENJIN)社が、NFT(Non-Fungible Token/代替不可能なトークン)によるチャリティープロジェクト開始を1月18日に発表した。