Coincheckが「かんたん本人確認」の提供開始

Coincheckがアプリ上で本人確認が完結する「かんたん本人確認」の提供を開始したことを発表

1月29日より、Android版にて提供を開始し、2月下旬頃にiOS版の提供を開始する予定となっている。

「かんたん本人確認」は、Coincheckアプリ上でユーザーの顔と本人確認書類の静止画および動画を撮影し、必要事項を入力するだけで本人確認を完了させることが可能となる。「eKYC(Electronic Know Your Customer)」サービス。

郵便を利用した従来の本人確認では、取引の開始までに最短でも2日を要していたが、「かんたん本人確認」では最短即日で取引を開始することが可能となる。

編集部のコメント

「かんたん本人確認」は、日本電気株式会社(NEC Corporation)の「Digital KYC」を利用しています。

NECのサイトによると、Digital KYCは、顔の認証性と個人情報の秘匿性が優れているようです。実際に2017年、米国国立標準技術研究所(NIST)が実施した動画顔認証技術のベンチマークテストにおいて、認証精度99.2%と、他社を大きく引き離す第1位の性能評価を獲得しました。これまでの静止画の顔認証テストに続き、4回連続の世界一を獲得しました。

そして、Digital KYCの仕組みとしては、スマホで撮影した顔は、ハッシュ化され、そのハッシュ化された情報と本人確認書類を組み合わせて、KYCとなります。このDigital KYCは、実証実験で三井住友フィンアンシャルグループ傘下の三井住友銀行や三井住友カードが社員食堂の決済時に利用されました。

さらに、LINE Pay社もDigital KYCを導入しています。このように、キャッシュレス化やデジタル化が進む社会において、簡単かつ正確に個人認証が行えるサービスは不可欠だと、あたらしい経済編集部は考えます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:inkoly)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored