クーガーとアクトがブロックチェーンを活用した選挙システムの共同開発と運用開始

クーガーとアクトがブロックチェーンを活用した選挙システムの共同開発と運用開始

クーガー株式会社と株式会社アクトが、ブロックチェーン選挙システム「OMEGA(オメガ)」を共同で開発・運用を開始することを1月27日プレスリリースにて発表

アクトは全国約300の自治体で選挙システムの利用実績を持ち、法律的知見も兼ね備えている企業。またクーガーは、AI・IoT・AR/VR・ブロックチェーンを組み合わせ、人型AIアシスタントを可能にする技術プラットフォーム「コネクトーム」の開発・提供をしている企業。

「OMEGA」は、ゼロ知識証明(匿名化)によって秘密投票の原則を維持しながら、投票結果の透明性を担保し、選挙管理における人手作業の煩雑性を解消する事を目的として開発に取り組んでいるとのこと

現在の選挙制度は、手作業によることで発生する人為的ミスや手間、物理的制約で発生するの投票率の低下(投票所まで行けない・行きたくない)などの課題がある。また電子投票により人為的ミスや物理的制約がなくなる一方で、ハッキングや内部陰謀による情報の改ざん耐性・透明性担保、安全な個人情報管理など課題も残されている。

「OMEGA」ではブロックチェーン技術を用いることにより、集計の不正防止と匿名性を確保することができ、電子投票がもたらす長所を生かしながら、同時にその短所を補っていくことを目指していくとのこと。

編集部のコメント

ブロックチェーン技術を利用した投票システムは、アメリカでもテスト運用が既に行われています。2018年にはバージニア州、2019年3月にはコロラド州デンバー、7月にはユタ州にてテストが行われました。また2019年12月にはバージニア州政府に選挙でのブロックチェーンの利用に向けて調査を進める議案が提出されています。


コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:maystra,MicrovOne)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーがBTC/JPYペアの欧州・日本間クロスボーダー取引開始、韓国NH農協銀行が韓国政府中央機関のBC電子証明アプリと統合などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

bitFlyerがBTC/JPYペアの欧州・日本間のクロスボーダー取引開始を発表、韓国NH農協銀行が韓国政府中央機関のブロックチェーン電子証明アプリと統合を発表、米コインベース(Coinbase)がCosmos(ATOM)のステーキング対応、サムスンSDSがブロックチェーン活用の医薬品向け流通履歴管理のパイロットプロジェクトを計画

EYがEY OpsChain Network Procurement発表、コインチェックがイーサリアムクラシックの板取引開始、バイナンスがVenus Protocol発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

監査法人EYがパブリックブロックチェーンを活用したグローバルな調達ソリューション「EY OpsChain Network Procurement」を発表、コインチェックがイーサリアムクラシックの板取引サービス開始、バイナンスが新たなDeFiプロジェクト「Venus Protocol」を発表、ニュージーランドの規制当局が暗号資産(仮想通貨)を取り扱う企業に対して顧客情報の提出を要求

ニュージーランドの規制当局が暗号資産(仮想通貨)を取り扱う企業に対して顧客情報の提出を要求

ニュージーランドの国税管理機関である内国歳入庁(IRD)がニュージーランド国内の暗号資産(仮想通貨)取り扱い企業に対して顧客情報の提出を求めていることがわかった。ニュージーランドの現地メディアであるRadio New Zealand(RNZ)が報じた。