ParityがEthereumクライアント開発を「Open Ethereum」へ移行

DAO的な組織OpenEthereumについて

Ethereumコミュニティにとってはマイナス、Polkadotコミュニティにとってはプラスのニュースではないだろうか。

Parity TechnologiesがEthereumクライアントの主開発から離れることが明らかになった。そして、イーサリアムのクライアントを引き継ぐのは、DAO的な組織で新たに設立したOpenEthereumになる予定だ。DAOとは「Decentralized Autonomous Organization」の略称。日本語では「自立分散組織」と言われる。

DAOの特徴は、1ネットワークはブロックチェーンを利用している2.代表者や管理者が存在しない3.意思決定のプロセスやガバナンスがコードベースで形成されている4.トークンにより報酬や権利が与えられる、となっている。

今後、OpenEthereumのメンバーにParity Technologiesも加わる。同社は、OpenEthereumではメンターシップの役割に変わり、新たにメンバーをオンボーディングし、クライアント開発を前進させるツールを提供する予定である。

そしてOpenEthereumのガバナンス管理は、Stake Weight Token System(ステークウェイトトークンシステム)で行われていく予定だ。

さらに、既存または将来のOpenEthereum エコシステムへの貢献者と協力して、エコシステムの最終意思決定プロセスにおける公平かつ透明性の高いトークン分配システムを開発していく。

同社の動きを、Ethereumのコアメンバー、Polkadotのメインプレイヤーはどう捉えているのだろうか。それぞれのプレイヤーに取材を行った。

編集部は、Ethereum財団のHudson Jameson氏に「OpenEthereumについてどう思いますか?」と質問をした。

すると、同氏は「私は、ParityがなぜDAO的な組織を形成するのか理解できません。彼らは、なぜDAOが必要なのかを説明するべきです」と答えてくれた。

続いて、Polkadotのコアプロダクトを開発している企業Stake Technologiesの渡辺創太氏へ取材を行った。

編集部は、同氏へ「今回のParityの動きをPolkadotコミュニティ側の人からすると、どのように捉えていますか?」と質問をした。

渡辺氏は「ParityがEthereumのクライアントをDAO型の運営に移行するということは、実質Ethereumへのコミットを減らすことと同義だと思います。そのリソースをどこに使うのか?というのが大事な趣旨かと思いますがParityが主体となって開発するオープンソースであるSubstrateでしょう。SubstrateとはブロックチェーンフレームワークでありPolkadotに接続するブロッチェーンは全てSubstrateを用い作られます。個人的に最もエキサイティングなのはEthereumとPolkadotのブリッジです。異なるパブリックチェーンがPolkadotを経由して繋がるのはまさに2020,2021に実現する未来でしょう」と答えてくれた。

Parity Technologisの今後の対応

今後、Parity Technologisは数週間にわたって、Ethereum財団、ETC Labs、Gnosis、POA Network、その他の貢献者を含む主要な利害関係者とOpenEthereumについて話し合っていく。OpenEthereumの構造と詳細はいまだに未定ですが、同社が保有するライセンスをDAOに転送し、そしてコードベースを独自のGitHub組織に移行し、それに応じてクライアントの名前を変更する予定のようだ。

記者は、同社がEthereum周辺の開発から離れ、Polkadotコミュニティへの貢献に最大限のリソースを注ぎたいのだろうと考える。Ethereumコミュニティにとっては、痛い展開だ。

 

参考記事:Transitioning Parity Ethereum to OpenEthereum DAO

 

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学卒業。
幻冬舎で「あたらしい経済」の編集者・記者。
また個人活動としては「死ぬまで毎日ブログを書く」という約束をもとにブログ「たっけのメモ」を4年間運営。ラジオ番組「ミレニアル世代のアタマの中」のパーソナリティー。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学卒業。
幻冬舎で「あたらしい経済」の編集者・記者。
また個人活動としては「死ぬまで毎日ブログを書く」という約束をもとにブログ「たっけのメモ」を4年間運営。ラジオ番組「ミレニアル世代のアタマの中」のパーソナリティー。

合わせて読みたい記事

ブロックチェーン・暗号資産(仮想通貨)業界を牽引する35人の「2021年の展望」

今回は年始の特別企画として、ブロックチェーン・暗号資産業界を牽引する皆様に「2021年の展望」を寄稿いただきました。これからも「あたらしい経済」は日本のブロックチェーン・暗号資産業界を、業界内の皆様と一緒に盛り上げていけるようにメディア運営をしていきたいと思っております

【独占】流動性も分散化して暗号資産市場のインターバンクを目指す。暗号屋・紫竹佑騎が新サービス「Choja」を語る

サイバーエージェントのエンジニアから暗号資産(仮想通貨)取引所の立ち上げと運営を経て、現在も数々のブロックチェーンプロジェクトに関わっている紫竹佑騎氏。そんな紫竹氏が自身の会社である暗号屋から新サービス「Choja」を〇月〇日にローンチした(※あたらしい経済内部のニュース記事にリンク)。その分散型流動性供給システム/分散型マーケットメイクツール「Choja」とは何か? そしてこのサービスを通じてどんな世界を目指すのかについて語っていただいた。

【取材レポ】電子投票の「ファーストペンギン」を目指す。石川県加賀市がxID、LayerXと市政デジタル化を目指し連携協定

石川県加賀市とデジタルIDソリューションを提供するGovTech企業のxID(クロスアイディー)、そしてブロックチェーン企業LayerXが、加賀市の政策に関する電子投票実現に向けて連携協定を締結したことを12月3日に加賀市役所で行われた連携協定締結会見で発表した。

企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)とブロックチェーンの実用化 (幻冬舎「あたらしい経済」/SBI R3 Japan 共催 オンラインイベント)

株式会社幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」編集部と、企業向けブロックチェーンプラットフォーム「Corda(コルダ)」を提供するSBI R3 Japan 株式会社が、オンラインイベント「企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)とブロックチェーンの実用化」を業界の多くの有識者をゲストに迎え9月29日(火)14時より開催いたします。