ParityがEthereumクライアント開発を「Open Ethereum」へ移行

DAO的な組織OpenEthereumについて

Ethereumコミュニティにとってはマイナス、Polkadotコミュニティにとってはプラスのニュースではないだろうか。

Parity TechnologiesがEthereumクライアントの主開発から離れることが明らかになった。そして、イーサリアムのクライアントを引き継ぐのは、DAO的な組織で新たに設立したOpenEthereumになる予定だ。DAOとは「Decentralized Autonomous Organization」の略称。日本語では「自立分散組織」と言われる。

DAOの特徴は、1ネットワークはブロックチェーンを利用している2.代表者や管理者が存在しない3.意思決定のプロセスやガバナンスがコードベースで形成されている4.トークンにより報酬や権利が与えられる、となっている。

今後、OpenEthereumのメンバーにParity Technologiesも加わる。同社は、OpenEthereumではメンターシップの役割に変わり、新たにメンバーをオンボーディングし、クライアント開発を前進させるツールを提供する予定である。

そしてOpenEthereumのガバナンス管理は、Stake Weight Token System(ステークウェイトトークンシステム)で行われていく予定だ。

さらに、既存または将来のOpenEthereum エコシステムへの貢献者と協力して、エコシステムの最終意思決定プロセスにおける公平かつ透明性の高いトークン分配システムを開発していく。

同社の動きを、Ethereumのコアメンバー、Polkadotのメインプレイヤーはどう捉えているのだろうか。それぞれのプレイヤーに取材を行った。

編集部は、Ethereum財団のHudson Jameson氏に「OpenEthereumについてどう思いますか?」と質問をした。

すると、同氏は「私は、ParityがなぜDAO的な組織を形成するのか理解できません。彼らは、なぜDAOが必要なのかを説明するべきです」と答えてくれた。

続いて、Polkadotのコアプロダクトを開発している企業Stake Technologiesの渡辺創太氏へ取材を行った。

編集部は、同氏へ「今回のParityの動きをPolkadotコミュニティ側の人からすると、どのように捉えていますか?」と質問をした。

渡辺氏は「ParityがEthereumのクライアントをDAO型の運営に移行するということは、実質Ethereumへのコミットを減らすことと同義だと思います。そのリソースをどこに使うのか?というのが大事な趣旨かと思いますがParityが主体となって開発するオープンソースであるSubstrateでしょう。SubstrateとはブロックチェーンフレームワークでありPolkadotに接続するブロッチェーンは全てSubstrateを用い作られます。個人的に最もエキサイティングなのはEthereumとPolkadotのブリッジです。異なるパブリックチェーンがPolkadotを経由して繋がるのはまさに2020,2021に実現する未来でしょう」と答えてくれた。

Parity Technologisの今後の対応

今後、Parity Technologisは数週間にわたって、Ethereum財団、ETC Labs、Gnosis、POA Network、その他の貢献者を含む主要な利害関係者とOpenEthereumについて話し合っていく。OpenEthereumの構造と詳細はいまだに未定ですが、同社が保有するライセンスをDAOに転送し、そしてコードベースを独自のGitHub組織に移行し、それに応じてクライアントの名前を変更する予定のようだ。

記者は、同社がEthereum周辺の開発から離れ、Polkadotコミュニティへの貢献に最大限のリソースを注ぎたいのだろうと考える。Ethereumコミュニティにとっては、痛い展開だ。

 

参考記事:Transitioning Parity Ethereum to OpenEthereum DAO

 

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【独占取材】北島康介が目指すプロスポーツ業界の変革、「Web3.0」で新たなアスリートエコノミーを

「あたらしい経済」はプロスポーツに最先端のテクノロジーを活用しようと試みる、北島康介氏に独占インタビューを実施。北島康介氏がなぜチーム運営にWeb3.0の技術を活用しようと考えたのか、具体的にどのような取り組みを検討しているのかについて訊いた。

【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行

ミスビットコインこと藤本真衣氏が代表を務める株式会社グラコネが、芥川賞作家の上田岳弘氏とコラボしてNFTプロジェクトを開始した。このプロジェクトは「Obsession2020」と名付けられており、現在NFT業界のトレンドになっている「Loot (for Adventurers) 以下:Loot」の仕組みを応用した実証実験とのことだ。なお技術協力としてNandemoToken氏も参画している。

本のゲラがNFT、山口周ベストセラー『ビジネスの未来』の裏側が限られた読者の手へ

今年の4月、NFTマーケットプレイス「ユニマ」の情報が飛び込んできた。そしてユニマのローンチ後にNFTとして販売されるコンテンツの中に、『ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す』という書名、そしてその著者である山口周氏の名前があった。なお当時の発表では、企画詳細については「出版社と実施に向け協議中」となっており明かされていなかった。

Sponsored

【取材】職場コミュニティ活性化支援サービス「PRAISE CARD」とは?(博報堂広報室)

株式会社博報堂と株式会社博報堂コンサルティングが、日本ユニシス株式会社と共同で、職場コミュニティの活性化支援アプリサービス「PRAISE CARD(プレイズ カード)」を開発を8月23日発表した。 「PRAISE CARD」は、職場コミュニティの活性化と、その活性度の分析を通じてコミュニティの状態の可視化を支援するサービスとのこと。コロナ禍のテレワークで離れて業務を行っている社員同士が、専用スマホアプリからデジタルカードを送りあうことで、日頃の協力や行動に対し社員同士で感謝や称賛の気持ちを伝えることができる。

ノーコードでもブロックチェーン開発ハッカソン!? 近大とIOST財団が「HIVEHACK 2021」開催。企業セッションはオンライン無料公開も

近畿大学 理工学部 情報学科 電子商取引研究室とIOST財団が、ノーコードでブロックチェーン技術を活用したプロダクト開発を体験するハッカソン「ブロックチェーン教育ハッカソン HIVEHACK 2021」を8月26日、27日に開催することを発表

Sponsored