#Ethereum

【独占取材】Web3 Foundationが選んだ日本企業Stakedが開発するPlasm(プラズム)とは?〜Plasma(プラズマ)ブロックチェーンをみんなの手に<ステイクCTO 山下琢巳氏インタビュー(1)>

昨日Web3 Foundationが発表した支援プログラムの中に日本の企業の名前があった。Staked株式会社だ。今回のWeb3 Foundationによるグラントに採択され、彼らは独自のPlasmというSubstrate runtime module libraryの開発を進める。今回そんなStaked株式会社のCTOである山下琢巳氏に今回のグラントを受けたPlasmについて詳しくきいた。

“次世代のお金”のスマートコントラクトを守る「Quantstamp」の挑戦

QuantstampはEthereumのスマートコントラクトの脆弱性を発見するためのセキュリティ監査プロトコルだ。 代表のリチャード率いるQuantstampはチームとしての評価が非常に高く、2018年2月に本田圭佑氏の個人ファンド「KSK Angel」から出資を受けており、さらにY Combinatorのアクセラレータープログラムにも参加している。 今回は、チームのHead of Japan and APACである小田さんにニュートリノで、Quantstampの現状、未来を含めブロックチェーン全体の可能性を取材してきた。