Microsoft、EY、ConsenSysらが開発するBaseline ProtocolがGoogleスプレッドシートとMicrosoft 365の統合の実証実験に成功

Microsoft、EY、ConsenSysらが開発するBaseline ProtocolがGoogleスプレッドシートとMicrosoft 365の統合の実証実験に成功

Microsoft(マイクロソフト)、アーンスト・アンド・ヤング(EY)、ConsenSys(コンセンシス)らが開発するBaseline Protocol(ベースラインプロトコル)が、GoogleスプレッドシートとMicrosoft Dynamics(マイクロソフトダイナミクス) 365の統合の実証実験に成功したことを、Baseline Protocolの開発企業であるLimeChain(ライムチェーン)がYoutubeで発表した。

なお今回の実証実験はブロックチェーンソリューション企業のLime Chain、Provide(プロバイド)の共同のものだ。

この実証実験の成功によって、Googleスプレットシートを使用しても、Microsoft Dynamics 365が提供するエクセルなどで異なるレコードを共通で処理できるようになる。レコードとはデータベース内のテーブルを構成する単位のひとつで、一行分のデータを指す。

Baseline Protocolの開発背景には、企業がERP、CRM、およびその他の内部記録システムに数億ドルを費やしている現状がaru。組織間で内部記録システムを適切に同期させることができなければ、内部紛争、在庫の損失、資本コストの増加、規制措置、その他の価値の流出などの原因となるとのことだ。

そしてこれらの問題を回避するためには、大規模なパートナーシップにしかできない統合レイヤーが必要。そこでBaseline Protocolの課題へのアプローチとしては、イーサリアムのメインネットを共通の参照フレームとして使用することで、参加企業がネットワークに常に参加している状態となり、企業はネットワークを使用した分だけ、費用を支払えば良い状況となる。

ConsenSysの開発者でBaseline Protocolの共同創設者であるJohn Wolpert(ジョン・ウォルパート)氏は「単一の真実を一つの大きなデータベースに集約するブロックチェーンではなく、全ての人の情報を一つの大きなデータベースに集約するという点で異なる」とCointelegraphの取材に答えている。

編集部のコメント

Baseline ProrotocolはEY、Consensys、Microsoft3社を中心に、その他12社が関わるイニシアチブです。注目すべきは監査法人が参加している点だと思われます。なぜなら現在監査企業は相互運用性が低いEnterprise Resources Planning(ERP)を利用しています。そこでEYはERPが他の業界などとのデータ連携には適していないと考え、パブリックブロックチェーンNightFallを中心にその他周辺の秘匿技術などを開発してきました。

Baseline Protocolの技術的側面も説明します。Baseline Protocolは、主に4つのアーキテクチャーサービスで構成されていて、その4つとは、Baseline API、Queuing system、Secure message service、Zero-Knowledge-Proof Serviceです。そして、「Baseline Protocol」の開発における主要なフレームワークであるUnibright(ユニブライト)は、イーサリアムのメインネットを介して、クラウドやウェブサーバーなどと接続可能にするもので、Unibrightフレームワークには、スマートコントラクトモデリング、データ生成、相互接続、監査などの機能が存在しています。

あたらしい経済編集部は、Baseline Protocolがエンタープライズブロックチェーン領域における大きなユースケースの一つになる可能性があると考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock /Aleksei_Derin・dalebor・antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/28話題】INTMAXが「Plasma Next」メイネットαをローンチ、周南公立大がDiamond HandsとWeb5でデジタル学生証など

INTMAX、「Plasma Next」メイネットαをローンチ。Plasmaの完成により拡張性向上、周南公立大学、Web5採用でDID利用のデジタル学生証の実証へ。Diamond Handsと提携で、イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、メインネット実装日が3月13日に正式決定、ユニスワップ(UNI)に新機能が追加、暗号資産取引がよりシームレスに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、2日連続で13億ドル超えの取引高を記録、英ロイズ銀行、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)ネットワークに参加、国内初、ビットポイントに「オシトークン(OSHI)」上場、Binance Japanにラップドビットコイン(WBTC)・ファイルコイン(FIL)・スイ(SUI)上場へ、取扱い50銘柄に、ビットフライヤーにドージコイン(DOGE)上場へ、2月で取扱い10銘柄目、SBI、日本酒「作(ZAKU)」にブロックチェーン導入で不正流通を防ぐ。開封後に「ラベルNFTバッジ」受取も、ファントムが「Wallet Watcher」提供開始、任意のウォレットを監視可能に、アバランチ(AVAX)がネットワーク障害でブロック確定が約6時間停止、現在は解決済み