シンガポール金融庁がデジタル通貨決済の新たな法律を施行

シンガポール金融庁がデジタル通貨決済の新たな法律を施行

シンガポール金融庁(Monetary Authority of Singapore)が、1月28日に新しいペイメントサービス法(Payment Services Act)を施行したことが明らかになった。この法律には、デジタルペイメント領域も含まれ、仮想通貨も対象となる。

この法律の目的は、シンガポールのペイメントサービスの規制の枠組みと消費者保護の強化をし、デジタル決済の使用に対する信頼を促進することだ。

事実上、シンガポール国内全ての仮想通貨関連企業、取引所に対して、マネーロンダリング防止(AML)およびテロ資金供与防止(CFT)を準拠した形での運営が求められることになる。

MASのアシスタントマネージングディレクターであるLoo Siew Yee(ルーシーエー)氏は「ペイメントサービス法は、ペイメント業界に前向きで柔軟な規制の枠組みを提供します。活動基準原価計算に基づいたリスク重視の規制構造により、様々な規則を比例して適用し、変化するビジネスモデルに対して堅牢にすることができます。 ペイメントサービス法は、リスクを軽減し、ペイメント産業の展望に対する信頼を醸成しながら、成長と革新を促進します」とコメントしている。

編集部のコメント

この法律によって、仮想通貨に対してより高い監査性と信頼性が生まれると思います。実際に、シンガポール拠点の取引所Zipmex、日本拠点でシンガポールで事業展開もしているLiquid、イギリスのビットコインウォレットプロバイダーLunoも法律に準拠したライセンスの申請を検討しているようです。あたらしい経済編集部は、仮想通貨がアンダーグラウンド産業にならず、きっちりと市場成長をさせていくためにも各国の適切なレギュレーションは必須だと考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:Guzaliia-Filimonova)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:Guzaliia-Filimonova-)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。