テレグラムの「TON」、Polygon Labsと提携しL2ネットワーク構築へ

「TON」がPolygon Labsと提携、L2ネットワーク構築へ

パブリックブロックチェーンである「オープンネットワーク(The Open Network:TON)」を基盤にしたアプリケーション開発を支援する「オープンプラットフォーム(The Open Platform:TOP)」が、「ポリゴン(Polygon)」の開発を主導する「ポリゴンラボ(Polygon Lab)」と提携し、EVM(イーサリアムバーチャルマシン)環境をサポートしたL2ブロックチェーンを開発することを7月10日に発表した。

このL2ブロックチェーンは「TON」のチームによって開発されるわけではなく、新たに組織された「トンアプリケーションチェーン(TON Applications Chain:TAC)」のチームによって開発されるという。

なお「TAC」チームはこのL2ブロックチェーン開発を、現在ベルギーのブリュッセルで行われているイーサリアム(Ethereum)イベント「ETHcc」で発表したという。

「ポリゴン」の公式Xの投稿によると「TAC」は、「ポリゴンラボ」が開発するブロックチェーンを統合したネットワークの構築を目的にしたアグリゲーションレイヤープロトコル「アグレイヤー(AggLayer)」に接続するという。またポリゴンの技術を使用したブロックチェーン開発キットである「ポリゴンCDK(Polygon CDK)」を採用したZKP(ゼロ知識証明)ベースのブロックチェーンになるとのことだ。

これにより「TON」エコシステムのユーザーに向けて、既存の分散型アプリケーション(DApps)を「TAC」に移植することでエコシステムを拡大することを容易にし、「TAC」自体のエコシステム拡大が期待されている。

「TON」は、メッセージングアプリのテレグラム(Telegram)の創設者が開発を開始したブロックチェーンプロジェクトだ。2020年に米国証券取引委員会(SEC)の規制により開発は中止されたが、その後「TON財団」が開発を引き継ぎ、今に至る。

関連ニュース

image:iStocks/hqrloveq・incohre-

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道