テレグラム「TON」支援のTON財団、約173億円相当のコミュニティ報酬コンテスト開始

TON財団がコミュニティ報酬コンテスト開始

パブリックブロックチェーン「オープンネットワーク(The Open Network:TON)」の開発を支援するTON財団(The TON Foundation)が、コミュニティ報酬コンテスト「オープンリーグ(The Open League:TOL)」のフルシーズン開始を3月20日発表した。

「オープンリーグ」は、「オープンネットワーク」エコシステム内のプロジェクトとユーザー向けに設計されたコンテスト。各月にプロジェクト側によって入門タスクから難易度が高いレベルまでのクエストが開催されるとのこと。

同コンテストのフルシーズン開始は今年4月1日からとなっており、プロジェクト側が用意したクエストを達成したユーザーには「オープンネットワーク」発行の暗号資産(仮想通貨)TONが報酬として与えられるという。なお「オープンリーグ」のパイロットシーズンは今年1月29日より開始されている。

フルシーズンの「オープンリーグ」は、「リーグ」・「トークンマイニング」・「クエストとエアドロップ」・「流動性プールの向上」といった4つのシステムで構成される。参加するプロジェクトとユーザー向けには、約1億1,500万ドル(約173億円)相当となる計3,000万TONが用意されているという。なお用意される計3,000万TONはそれぞれ4つのシステム毎に分配されるとのことだ。

またTON財団は「オープンリーグ」におけるエアドロップの開始日程は明かしていないが、「理由を問わずいつでも提供できます」と発表にて説明している。

オープンネットワークとは

「オープンネットワーク」はメッセージングアプリ「テレグラム(Telegram)」が開発に関わったブロックチェーン。同チェーンは、テレグラム内で利用されている分散型プラットフォームで、1秒あたり数百万件のトランザクション処理(TPS)を備えた拡張性の高いフレームワークとなっている。

また同プラットフォームは「テレグラム」でweb3エコシステムを構築し、2028年までに8億人のユーザーがデジタルIDやデータ、資産を所有可能にすることを目標としている。

なお国内において、暗号資産TONはビットポイント(BITPOINT)にて取り扱われている。

関連ニュース

参考:TON財団
images:iStocks/wvihrev

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論