米ブラックロックがトークン化ファンド「BUIDL」立ち上げ、セキュリタイズと提携で

トークン化投資ファンドを立ち上げへ

米資産運用会社ブラックロック(BlackRock)が、デジタルアセット発行プラットフォーム運営のセキュリタイズ(Securitize)と提携し、トークン化ファンドを立ち上げたと3月20日発表した。

発表されたファンドは「ブラックロック・米ドル機関投資家向けデジタル流動性ファンド(BlackRock USD Institutional Digital Liquidity Fund:BUIDL)」だ。

この「BUIDL」では1トークン対1ドルの安定した価値提供を目指し、毎日発生する配当を毎月新しいトークンとして投資家のウォレットに直接支払うという。

同ファンドは総資産の100%を現金・米国財務省証券・現先取引に投資する。同ファンドの投資家は、ブロックチェーン上でトークンを保有しながら利回りを得られる仕組みとなっている。また同ファンドの投資家は24時間365日、事前に承認された他の投資家にトークンを譲渡できるとのこと。

また同ファンド参加者は、カストディ・オプションを通じて、トークンの保有方法を選択できるとのことだ。

同ファンドの初期投資最低額は、5,000,000ドル(約7.5億円)。募集開始日などは明らかとなっていない。

なおブラックロックは、米証券取引委員会(SEC)に同ファンドに関するフォームD(免除証券募集通知書)を3月14日に提出している。提出書類によると、同ファンドの販売手数料は525,000ドル(約7,916万円)と見積もられており、仲介手数料は計上されていない。

発表によると「BUIDL」の最初のエコシステム参加者として、大手信託銀行アンカレッジ・デジタル・バンク・ナショナル・アソシエーション(Anchorage Digital Bank NA)、デジタル資産信託会社ビットゴー(BitGo)、大手暗号資産取引所コインベース(Coinbase)、デジタル資産カストディのファイアブロックス(Fireblocks)などが名を連ねている。

同ファンドは、ブラックロックファイナンシャルマネジメント(BlackRock Financial Management)が投資マネージャーとなり、BNYメロン(BNY Mellon)がカストディアンを務める。

ブラックロックと提携したセキュリタイズはトークン化プラットフォームとして、トークン化された持ち分の管理・ファンドの申し込み・償還・分配に関する報告を行うとのこと。セキュリタイズ・マーケッツはプレースメント・エージェントとして、適格投資家にファンドを提供する役割を担う。また12月31日までの期間、PwC(PricewaterhouseCoopers LLP)がファンドの監査役を務めるとのことだ。

※2024年3月21日22:45 タイトル及び文中に表現に誤りがありましたので、修正・削除しました。

関連ニュース

参考:発表提出書類
images:iStock/Aramyan・BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない