テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始

USDTとXAUTがTON上に発行開始

米ドルペッグのステーブルコイン「テザー(USDT)」および金(ゴールド)裏付けのステーブルコイン「テザーゴールド(XAUT)」が、オープンネットワーク(The Open Network:TON)上で発行開始した。両ステーブルコイン発行元のテザー社(Tether Operations)が4月19日発表した。

なおTONは、メッセージングアプリのテレグラム(Telegram)が開発し、現在はTON財団(The TON Foundation)が運営するレイヤー1のパブリックブロックチェーンだ。

テザー社は発表にて、TON上への「USDT」と「XAUT」導入が「テレグラムの広いユーザーベースに分散型サービスへの便利なアクセスを提供し、ユーザー体験を向上させる」とし、また「TONエコシステムと他のブロックチェーンネットワーク上のユーザー間のシームレスな価値移転が促進され、迅速かつ安全でコスト効率の高いプロセスが可能になる」と述べている。

ちなみに今回TON上に「USDT」が発行開始されたことで、「USDT」は合計15のブロックチェーン上に対応することになった。

なお現在「USDT」はTONの他、アバランチ(Avalanche)やイーサリアム(Ethereum)、ソラナ(Solana)、アルゴランド(Algorand)、イオス(EOS)、リキッドネットワーク(Liquid Network)、コスモス(Cosmos)、テゾス(XTZ)、トロン(Tron)、ニア(NEAR)、ポルカドット(DOT)、クサマ(Kusama)、ビットコインキャッシュSLP(Bitcoin Cash SLP)、オムニレイヤー(Omni Layer)に対応している。

ただしクサマ・ビットコインキャッシュ・オムニについては、テザー社のサポートは終了している。

関連ニュース

参考:テザー社USDT
images:iStock/metamorworks

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資