イタリア中銀が暗号資産ガイドライン公表へ、総裁が発言

イタリア中銀が暗号資産ガイドライン公表へ

イタリアの中央銀行であるイタリア銀行のファビオ・パネッタ(Fabio Panetta)総裁が、決済システムの正常な機能を維持する観点から、暗号資産に関する欧州連合(EU)の今後の規則をどのように適用するかについて、数日中にガイドラインを公表すると7月9日に述べた。

イタリア銀行協会(ABI)で行われたスピーチの中でパネッタ総裁は、「暗号資産市場規制(Market in Crypto Asset Regulation:MiCAR)と呼ばれるEU規制では、電子マネートークン(EMT)と資産参照トークン(ART)が決済手段として使用される要件を満たしていると考えている」と述べた。

EMTの価値は単一の法定通貨の価値に連動されているが、ARTの価値は1つ以上の原資産に依存している。

「私たちの評価では、国民の信頼を完全に維持する決済手段として機能できるのは、銀行または電子マネー機関が発行できるEMT、つまり電子マネートークンだけです」とパネッタ総裁は述べた。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
Bank of Italy to publish crypto asset guidelines, governor says
(Reporting by Valentina Za, editing by Gavin Jones)
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道